急に脂っこいものを食べると具合が悪くなるよね

PopWeight

今日は、お昼に近所の大戸屋さんに行ってカツ丼をいただきました。
昨日は一日中東京に行っていたために食事の時間が変にずれてしまい、今日のお昼くらいになるとかなりお腹が空いてしまっていました。

なので、ちょっとガッツリしたものが食べたいと思って、カツ丼を注文してみたのでした。
カツ丼を食べるのはけっこう久しぶりな気がします。

ダイエットを始めてから24週間目

大戸屋 カツ丼

カツ丼を食べました。

おいしそうですよね。

別にダイエットをしているからと言っても、食事を制限しているわけではないので、カツ丼も食べてOKなのですが、最近は家で食事を作るときはあまり脂っこいものは作らないので、久しぶりにこんな「肉肉肉」という感じの食事をしたような気がします。
というか、最近は以前にもましてすっかり野菜中心の食生活になってしまっています。

でも、たまにはこんな「肉+油」な食べ物も良いですね。
多分、本当に健康的に生活するためには、脂っこいものも含めて、バランスよく食事をするのが大切なのだと思います。

いくら野菜が好きだと言っても、たまに肉とか油をたくさんお腹に入れたくなるものです。

大戸屋は誰もが知っている、定食屋チェーンですが、そのメニューには工夫が感じられるものが多いのが良いと思います。
全体の彩りのバランスや味付けなど、本当によく考えられていると思います。

急に脂っこいものを食べると

大戸屋さんのカツ丼はすごくおいしくて、大満足だったのですが問題なのはこの後のことでした。

ちょっと具合が悪くなってしまいました。
たぶん、疲れが溜まっていたのと、急に重い食事をしたせいだと思うのですが、消化に全部の血液を使っている感じで、貧血っぽい感じになってしまいました。

その後、うちの奥さんに車を運転してもらったりして、助手席で休んでいたらなんとか治ったのですが、一時はどうなることかと思いました。

最近は少なくなったのですが、子供の頃からずっと、たまに貧血で具合が悪くなってしまうことがあって、そういう時は少し休めば良くなるのですが、お腹がいっぱい過ぎてこうなるのは初めてだったかも。

やはり、普段食べなれないものを食べると言うのは、身体に負担が大きいのかもしれませんね。
空

まとめ

僕がやっているダイエットのルールでは、特に食事制限を設けていないのでカツ丼も食べてOKですが、体調が万全ではない時に脂っこい食べ物は身体に負担が大きいということがよくわかりました。

でも、疲れている時って何故かこういうものを食べたくなるんですよね。
多分、僕だけだと思いますが…

昔、飲み過ぎて二日酔いだった時に、大学の後輩と2人で、ものすごくこってりなとんこつラーメンを食べに行った事がありました。
やめとけばいいのに、案の定と言うか途中で具合が悪くなって、我慢できずに「ごめんちょっと無理」と言って、その後輩を残してラーメン屋を一人で出てしまいました。
とんこつの匂いと脂が二日酔いで弱った身体には、強すぎたようです。

その後輩には悪いことをしちゃいましたね。
あ、食券を買うシステムのお店だったのでちゃんとお金は支払いましたよ。

その頃から変わっていないということなのですかね。
そろそろ反省します。

ダイエットの記事なのにカツ丼とかラーメンを食べた話をしてしまいました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です