体年齢が下がったこととベルトをきつくしたこと

PopWeight

そろそろ、65kg台に突入しそうな予感です。

ここ最近、かなり痩せてきて腰回りが細くなったのか、いつもはいているジーパンが緩くなってきました。

試しにベルトを目一杯締めた状態で、ジーパンを手で下にずらすと簡単に脱げてしまいました。
で、それを試してみたのがお昼ごはんの直前だったので、うちの奥さんに「食事の前に汚いものを見せないで!」と怒られてしまいました。

その時は思ったよりも簡単にジーパンが脱げてしまって驚きました。

ダイエットを始めてから20週間目

まあそれはダイエットをしている身としては、とても嬉しい事なのですが、このままでは家の中だけではなく、外に出かけた時も人様に汚いものを見せてしまうことになるかもしれません。
そこで、いつも使っている革製のベルトに穴をもう一つ開けて、もう一段ベルトをきつく締めることができるようにしました。

これで、もうジーパンがずり下がってしまう心配はなさそうです。

体年齢が下がった

僕がいつも風呂あがりに、体重や体脂肪率を計るために使っている体重計は、実はけっこう高機能でして、体年齢とかの数値も自動で算出してくれています。
他にもいろんなデータを体重計に乗るだけで算出してくれるのですが、体重と体脂肪率以外はあまり気にしていませんでした。

普段は体重計に乗って体重と体脂肪率だけ確認するとすぐに体重計の電源を切ってしまうのですが、さっき体重を量った時にふと体年齢の項目を見てみました。
体年齢 33歳
すると「33才」と表示されていました。
僕は、今31才なので実際の年齢よりも少しだけおっさんだということになります。

でも、これでもかなり若返ったのです。

実は、このダイエットを始めてすぐのときの体年齢は「40才」でした。

故に、ダイエットを始めたおかげで7才くらい若返ったことになりますね。

こうして、具体的な数字を目の当たりにしてみると「若くなったなあ、僕…」と体重計を前にしてiPhoneで写真を撮りつつ感慨にふけってしまいました。
当然、風呂あがりなので、服は着ていない状態でしたけどね。

まとめ

徐々にですが、確実に体重は減りつつあります。

ベルトを一段きつくしなくてはならなくなったり、体年齢が若返ったりと、具体的な数字が見えてくるとダイエットに対するモチベーションが上がりますね。

この調子で、「無理をしないダイエット」を続けていきたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です