筋肉量を増やしてカロリーを消費することで効果的に痩せる

PopWeight

体重は減っているわけではないですが、一応維持できています。
今週は、いろいろと忙しくてトレーニングをサボってしまった日もあったのですが、まあまあの数字に抑えることが出来ました。

ダイエットを始めてから19週間目

筋トレを中心にダイエット

最近は有酸素運動よりも筋トレをメインに運動をしています。
いつも腕や肩の筋肉を鍛えるために使っているダンベルも、今まで片方7㎏だったのですが、今週から10㎏に増量してトレーニングを行っています。
IGNIO ダンベル 10㎏
さすがに片方10㎏はものすごく重くて、当然ですが持ち上げることが出来る回数も減りました。

しかし、負荷を重くしたことで、腕の筋肉が以前よりもついてきた気がします。

もう少しで理想のガチムチ筋肉が手に入るかもしれません。

腹の減りが早くなった気がする

筋肉の量が増えたせいなのかわからないのですが、最近お腹の減るスピードが早くなった気がします。

朝ごはんをいつもの量を食べても、10時位にはお腹が鳴り始めてしまいます。

筋肉を維持するためには多くのカロリーが必要なので、そのせいでお腹が減ってしまうのかもしれないと思っています。
やっと体が痩せやすい体になってきた証なのかもしれません。

でもここでおやつを食べたりすると意味がないので、こういう時はプロテインを飲んでやり過ごすようにしています。
エーピーエス大豆プロテイン
おいしくないけど、味がしないけど、飲みやすいと言われているAmazonで買った大豆プロテインです。
大豆プロテインは脂肪になりにくい筋肉を作ってくれるプロテインなのだそうなのでダイエットに適しています。

もう、このプロテインがないと生きていけない、わけではないですが、僕にとってはダイエットを続けていく上で欠かすことが出来ないものです。

まとめ

筋肉を鍛えて、消費カロリーが増えてきたのは良いことです。
しかし、お腹が空いてしまうからと言って、その分たくさん食べてしまったら意味がありません。

普段の食事と同じ内容をキープすることで痩せていくことができるはずです。

そのために僕はプロテインを間食として飲むようにしています。
今のところはこれがかなり上手く行っていて、お腹が空いてしまっていてもプロテインを飲むとかなりの満足感を得ることが出来ます。

ただ、プロテインはおいしい味付けがされているものもありますが、僕が飲んでいるのは味もしなくて、美味しいものでもないので、万人に勧めることができるものではありません。
ダイエットをする人それぞれが、自分の好みでお腹が減った時に食べるものを工夫するべきでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です