凝りがひどい時にやるべき5つのこと

腰痛

あまりにも身体の凝りがひどいので整体に行ってきました。

何もしていない時でも、背中とも腰とも言えない部分がじんわり痛いのです。
最近、制作が忙しくて、ずっと机に向かって作業をしているせいかもしれません。

整体院に行ってマッサージを受けたら、かなり良くなったのですが、もうちょっとなんとかしたいものですね。

整体も良いのですがそんなにしょっちゅう行くことができるわけではありません。
他人にやってもらうだけじゃなくて、自分でもある程度、腰痛や肩の痛みを緩和するためにできる方法も考えなくてはやっていけません。
それに自分の身体のことですから、自分で面倒を見ることができるのが一番ですよね。

そこで、凝りが酷い時の対策について、自分が心がけていたり、やっていることを中心に、まとめてみることにしました。

腰とか肩とか背中とかが痛いのでなんとかしたい

整体に行く

整体 ダンボー
整体に行くのは、専門家に診てもらえるわけですから、最もおすすめな凝りの解消法です。
マッサージをしてもらえるだけではなく、普段どのように過ごせば良いかアドバイスをもらえる場合も多いです。

しかし整体にはデメリットもあります。
施術を受けるためにはお金がかかると言う点です。

僕が通っている整体院は1回につき4000円かかります。
そこまで高額というわけではありませんが、あまり頻繁に訪れることはできない金額ですね。

他にお金がかからずに、できるだけ自分自身でのケアを出来る方法も考えていきたいです。

姿勢を良くする

姿勢の悪さは、凝りが発生してしまう最も大きな原因の一つなのだそうです。

できるだけ、猫背になってしまったりしないように普段から意識することが大事です。
日々の生活を送りながらも、きちんと背筋を伸ばして座ったりとか立ったりすることを意識しましょう。

正しい姿勢を維持することで、骨や筋肉に変な負担をかけることがなくなるし、姿勢を維持するための筋肉も鍛えることができます。
実はこれがすごく重要で、歳をとってからも姿勢が良いというだけで、健康に日々を過ごすことができる可能性が高まるでしょう。

僕も、油断しているとついつい猫背になってしまうので、気をつけなくてはなりませんね。

ストレッチ

毎日時間を作ってストレッチをすると、凝りがかなり緩和されるかもしれません。

そもそも凝りというものは、身体や筋肉の緊張や歪みが原因で引き起こされるものです。
それを、なんとかするためにはストレッチをすることが効果的なのです。

それに、筋肉というのは体全体でそれぞれの筋肉が相互に関係しあっているものです。
例えば、足のストレッチをすることで、間接的に肩の筋肉も緩んで、凝りが治るということもあるかもしれません。

大事なのは身体の歪みを取ってバランスを整えることなのだと、とある整体の先生が言っていました。

夜、風呂に入ってから寝るまでの、体が温まっている時にストレッチを行うのが効果的なのだそうですよ。

運動

ウォーキングマシン
運動をすると身体の血行が良くなって、すごくスッキリします。
運動は凝りの解消のためには、効果的な方法の一つです。

でも、筋トレは逆に筋肉をこわばらせるような運動なので、凝りの解消のためという意味ではダメかもしれません。

おすすめなのはウォーキングやランニングなどの有酸素運動です。
ある時、びっしょりと汗をかくくらいに走り込みをすると肩とか腰とかの痛みが嘘のように消えていた、という経験があります。

継続的な運動は凝りの解消以外にも、ダイエットや生活習慣病の予防などのメリットがあるのでオススメです。

温タオル

温タオル
熱々にしたタオルで首などの、凝りが酷い箇所を温めると、血行が良くなり、凝りが緩和されるはずです。

温タオルを作るために、僕は電子レンジを使っています。
固く絞った濡れタオルを電子レンジに入れて、約1分ほど温めます。
すると、簡単にいい感じの温タオルを作ることができます。

そして、熱々な温タオルを首に巻いたりとか肩に乗せたりします。
タオルが冷えてしまったら、再度電子レンジに入れれば温まるので、これを何度か繰り返すとすごくスッキリするのです。

痛みのある場所を温めることで、筋肉を柔らかくほぐすことができます。
それに、温タオルで温めた箇所は、ほぐれやすくなっている状態なので、自分で少し手を伸ばして、その箇所をマッサージするとさらに気持ち良いですよ。

やったことが無い人は、気軽に出来る方法なので、ぜひ一度試してほしいですね。

ただし、あまり長時間電子レンジでタオルを温めすぎると、肌に触れた時に火傷してしまうかもしれません。
もしやる場合は急に体に触れさせたりしないで、様子を見ながら温タオルを作ると安全だと思います。

まとめ

僕は職業柄、身体の凝りとは縁が切れないです。
それ故に、腰や背中や肩の凝りの対策には人一倍、気を使っているつもりです。

「整体」「姿勢」「ストレッチ」「運動」「温タオル」の5つは、凝りが完全になくなるわけではないですが、効果は確実にあります。
毎日、これらを意識することで、身体の凝りがかなり緩和されるはずです。
実際、疲れも取れやすくなるように感じます。

これらを習慣化することができれば、そこまで「凝り」というものに悩まされることもなくなるかもしれませんね。

本格的につらくなってからではなく、ある程度体力的にも余裕のある時から、姿勢をよくするように心がけたりとか、ストレッチをして身体を柔らかくしておく方が、歳をとってからも元気に毎日を過ごすことができるかもしれません。
と、自分に言い聞かせるようにして、これからも凝りと上手に付き合って行きたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です