【TFCC損傷?】手首の小指側が急に痛くなった

手首のテーピング
実は、昨日の朝、左手首にとてつもない痛みを感じて飛び起きました。
そのおかげで、朝の4時という朝なのか深夜なのか微妙な時間に目が覚めてしまいました。
その原因不明の痛みを感じたのは左手首の小指側の辺りとでも言えば良いのでしょうか?

普通にしているとじんじんとしたような鈍い痛みなのですが、とある角度に手首を曲げると、その途端にとてつもない激痛を感じるのです。
それこそ、「ピギャー!」というへんな声が出そうなくらいの痛みです。
捻挫とかに近いような雰囲気ですね。

最初、腱鞘炎かな?と思って、ネットでいろいろと調べてみると、どうもちょっと違うようでした。
近い症状なのは「TFCC損傷」という全く聞き慣れない名前の疾患でしたが、どうも原因には心当たりがないです・・・

とりあえずテーピングをして、昨日はおとなしくして過ごしておりました。
利き手側ではないとは言っても、手が痛いと制作もまともに出来ないし、本当に困ったことになってしまうので、切実な問題なのです。

困ったぞ・・・

体に変な異常を感じたら、本当は素直に病院に言ったほうがいいですよ

「TFCC損傷」というのは、テニスだとかバドミントンなどのラケットを使うスポーツをしているような人がなることが多い、ケガの一種なのだそうです。
転んだりして手を地面についたりすることで、これになってしまう人も多いのだそうですよ。

参考:TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

症状としては、手首の小指側が痛くなって、手首を回転させたり曲げたりすると痛みを感じるのだとか・・・
これは、ものすごく自分の症状に当てはまっています。

でも、病院には行っていないので、本当にこの病気かどうかもわかりません。
それに、こうなってしまった原因もよく分かりません。

中学〜高校〜大学と、学生時代はバドミントン部に所属していたので、心当たりがあるといえばあるのですが、痛いのは左手だしなぁ・・・
それに最近は全くバドミントンしてないので、たぶん関係ないですよね。

思い当たるのは、最近筋トレを一生懸命しているので、腕立て伏せとかの時に痛めたのかも・・・
どちらにしてもはっきりとした原因はよくわかりません。

とりあえず、今日になってかなり症状が改善したので、次に痛くなったりしない限りは、このまま様子を見ていくことにします。

テーピング

手首のテーピング
とりあえず、手首を動かすと猛烈に痛いので、テーピングをしてみることにしました。
と言っても、やり方もよくわからないので、ネットで調べて簡単そうなテーピング方法を調べて真似してみることにしました。

参考:TFCC損傷のテーピング|戸田接骨院のブログ

この方法は、簡易的なテーピングなのだそうです。
ですが、この程度のテーピングでもやってみると、かなり安心感がありますね。

手首が、曲げちゃいけない方向に曲がりにくくなるし、シンプルなので、非常に良いと思います。

と言っても、ギプスとかのように完全に固定されるわけではないので、常に気を使いながら行動しなくてはなりません。

手首用のサポーター

テーピングをして、1日経ったらかなり症状が改善しました。
昨日は、疲労も蓄積しているような感じだったし、早く寝て、睡眠時間をたっぷりとったのが良かったのかもしれません。

けれども、テーピングをするのも良いのだけど、毎回使い捨てのテープを貼るのはなんとももったいないです。
なので、昨日の夜にいろいろとAmazonで手首を固定できるサポーターのような物を探して注文しました。

そしたら、なんと今朝届きました!

手首サポーター

早すぎてちょっとびっくりしたのですが、こういう物がすぐに届くのは大変に助かりますね〜
すごすぎます。

手首サポーター

装着はマジックテープでくっつけるタイプなので非常に簡単です。
着けるとちょっと圧迫感を感じますが、これは慣れていくしかないですね。
ちなみに締め付け具合は自由に変えることが出来ます。

横から見ると、ロボットの手みたいでちょっとかっこいいかも。
ロケットパンチが飛びそうな感じ?

手首サポーター

手首は思った以上にしっかりと固定される印象ですね。
素人がやるような簡単なテーピングよりも、かなりいい感じの安心感を感じます。

急に、思ってもいない方向に曲げてしまうという事故はこれで防げそうです。
筋トレとかをする時もこれをつけてやると、今回と同じようなことにならなくて済むかも・・・

ただし、これをつけていると料理などの水仕事はやりにくそうですね。
そう言った意味ではテーピングの方が優れているかもしれません。

なので、しばらくはこのサポーターとテーピングを併用して、様子を見ていくことにします。

まとめ

一晩安静にしていたら、症状が改善してきたので、「TFCC損傷」ではないかもしれません。
と言うか、たぶん違います。
「TFCC損傷」はテーピングやサポーターで固定して治るのに3ヶ月くらいかかるそうですし、場合によっては手術も必要な場合もあるとか・・・

でも、僕の今回の痛みは原因がよくわからないので、ちょっと気持ち悪いです。
捻挫にも似たような強い痛みを感じたのは事実なので。

思えば最近、コーヒーをがぶ飲みしたらが胃がシクシク痛んだりとか、体の調子がよくありませんでした。
そのせいで、ちょこっとだけ痛めていた場所に、急に激しい痛みが出てきてしまったのかも・・・
体が弱っていると、いろんなところにへんな症状が出てきてしまうことが多いですからね。

今回は様子を見ていたら症状がかなり改善したので、病院には行きませんが、本当だったら病院には行くほうがいいですよ。
素人が自己診断するというのは、非常に怖いことですから・・・

僕、体の調子が悪くなった時に、様子を見ているうちに病院に行くタイミングを逃すということが非常に多いのですよねぇ・・・
次に痛くなったら、速攻で病院に行きます。

とりあえず、テーピングと手首用のサポーターは非常にいい感じなので、しばらくは様子を見つつ、これらを装着して生活していきたいと思います。

余談

実はテーピングは、貼ってから剥がす時が非常に痛いです。
ゆっくり剥がすのもじわじわ毛が引っ張られてすごく痛いし、一気に剥がすのも非常に恐ろしいです。

でも、やはり衛生的な事を考えても、1日の中でも何度か張り替える必要があります。
貼ったものはいつか剥がさなくてはならないのです。

テーピングを剥がす

ハイッ!!というわけで一気に剥がしました。

テーピングを剥がしたら毛が抜けた

そしたら、テープを貼っていたところが綺麗に脱毛されました・・・
この際だから、こうやって全部脱毛しちゃおうかしら?

毛が少ない女性だったらいいのですが、毛深い男性は非常に剥がす時、非常に痛いので注意ですよ〜

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です