ウォーキングマシンを使って体力づくりを始めます。

ウォーキングマシン
芸術家は体が資本です。

プロフィールにも書いてるように僕は現在制作活動を休止しています。
そろそろ再開したいなあと思う今日このごろです。
しかし、最近ずっと家にいて体を動かしていないせいですっかり体がなまってしまいました^_^;
何をするにも疲れやすくていけません。
う~ん体重計に乗るのが怖い…

運動は大事!

「これは、リハビリが必要だ!」と思いました。
そこで、ウォーキングマシンを使いウォーキング(ランニング)を始めてみることにしました。
一日に30分くらいずつでも、走る事ができればきっと健康に良いはず!と、1年くらい前にamazonで購入したウォーキングマシンを引っ張りだします。
たしか、26,000円くらい?だった気がします。
一応、商品の説明によるとウォーキング用なのですが走ることも出来ます。
ベルトの幅が狭く安定感がいまいちなので走るときは転ばないように注意することが必要です。

運動をするのは久しぶりです。
急に激しい運動をすると良くないと思うので、最初はゆっくり歩きながら慣らしていきたいと思います。

まず、準備をします。

ウォーキングマシン シリコンスプレー

ウォーキングマシンの説明によると定期的にベルトの隙間にシリコンスプレーを噴射して滑りを良くするように書いてあります。
しばらく使ってなかったからしっかりメンテナンスしたほうが良いですね。
電源をいれてベルトをまわしながら、隙間にシリコンスプレーを吹き付けていきます。

重いマシンが床に擦れて、床に傷がついてしまうことがあるみたいです。
それで専用のマット?のようなものも販売しているようですが、うちのウォーキングマシンには自作したクッションを取り付けてあります。
これでかなりの衝撃吸収効果があります。

ウォーキングマシン クッション

青い耐震用のシリコンとベニヤ版と暑さ1㎝ウレタンくらいのウレタンシートを切って貼り合わせ、床との接点に取り付けたものです。
前に、住んでいたところがアパートの2階だったので騒音対策も兼ねて厳重なものを作りました。

次に、ウォーキング中のミュージックの準備です。
楽しく、運動するためにはこれは必要ですね。

ウォーキングマシン MacBook Pro

普段は作業をするときに使っている愛用のワイヤレスイヤホンのAH-W150をMacBookProとペアリングして、画面が見える位置に置きます。
今日は動画を見ながら汗を流すことにしましょう。
初めてAH-W150を本来の用途で使います(^_^;)

スポーツ以外でも快適!DENON AH-W150のレビュー

あとはジャージと室内用のシューズに履き替えて準備完了です。
きっちり柔軟体操をして、スタート!

走ってみた感想

今、走り終わりました。
26分走って、もうへとへとです。
マシンの表示によると205キロカロリー消費です。
最初だからこんなもんですね。
でも、久しぶりに汗をたくさんだすと気持ちいいですね。
これからも、できるだけ毎日走って習慣化していこうと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です