【GRで撮る】花の柔らかさと繊細さの表現がすごい

黄色い花

新年明けたということで、この数日は空いている時間を使って、iPhotoやこのブログにアップした画像を整理していたりしています。
このブログで使用している写真は、最近は殆どリコーの「」というカメラで撮っています。

このGRと言うカメラですが、約9ヶ月ほど前に購入して以来、ものすごく気に入っています。
外出するときも常に持ち歩いて、気になる場面があるとすぐにカメラを取り出して、写真を撮影するようにしています。
コンパクトでありながらも高画質なのがその魅力の1つです。

毎日のように写真を撮っているので、ずいぶんと写真が溜まってきました。

そこで、これから少しの間は「GRで撮影したいろいろなシチュエーションの写真」と言うテーマで、一気にまとめてブログをアップしていきます。

ブログに使う機会がなかった写真や、使ったけどまた載せたいような気に入っている写真を中心に紹介したいと思います。
文章は少なめで画像をとにかくたくさん載せていきたいですね。

その第一弾のテーマはGRで撮った「花」の写真です。
GRはそのモチーフの持っている質感の表現力が優れているので、「花」をパシャッとすると非常にいい感じの画像が上がってきます。

「RICOH GR」で撮った「花」の写真を紹介する

花の写真

睡蓮
ベランダにある睡蓮鉢の睡蓮の花です。
水滴が付いている様子が、非常によく表現されているのがわかると思います。

紫の花適当に歩いている時に撮るだけでも、それっぽいです。

繊細なピンクの花
かなりの接写なので背景が大きくボケています。
すごく繊細な表現ですよね。
ピントがあっている場所は、きっちりと描写されているかと思います。
故に、全体の構図を充実した写真に仕上げるのが、最初は難しかったです。

白い花の塊
チャリで走っている時にたまたま見つけた、白い花の塊です。
白い花は普通のコンパクトデジカメでは、白飛びしてしまいがちなので難しいのです。
しかし、APS-Cサイズのセンサーの恩恵でしょうか、GRでなら、いい感じに見えます。
白い花花に限らず白いモチーフはちょっと暗めの方が雰囲気が出るかもしれません。
白い花
ボケ方が綺麗なので、立体感がすごいです。
花

花束

つぶつぶの花小さくてつぶつぶした可愛い花です。

朝顔と空
空と朝顔のコントラストが綺麗です。

オレンジの花

クローバー
クローバーの花が背景がしっかりとボケているおかげで、空間に浮き上がっているように見えます。

四つ葉のクローバー

黄色いチューリップとクローバー

ポインセチア
ポインセチアの花は中心部分なのですが、やっぱりキモいですよね。
黄色いたらこ唇に見える。
道頓堀
街中で何気なく撮った、花壇に植えてある花も絵になります。

ふよう
花壇と白い花

紫の花
室内のすこし薄暗い場所での撮影は、ISOは上がってしまいますし、手ぶれ補正も無いカメラですが、普通に撮れますよ。
少なくとも、僕はあまり不自由を感じたことはありません。
八ヶ岳リゾートアウトレット
去年の桜の時期にこのカメラを買ったのでした。
買ったばかりだったので、桜を撮るのに夢中になりました。
身延山久遠寺周辺の桜

まとめ

GRはコンパクトデジカメでありながら、非常に高画質な写真を撮ることができるカメラです。
唯一の弱点は単焦点レンズなので、今どきのカメラでありながらズーム撮影をすることができないことですが、これは慣れですね。
GRに慣れすぎてしまったせいで、今ではむしろズームで写真を撮ることに違和感があるくらいになっています。

昔使っていたカメラで撮ると、GRの写りが良すぎて余り使う気になりません。

このカメラで花を撮ると、非常に柔らかそうな花の質感が、よく表現できるので良いです。
GRを使い始めてから花の写真を撮影することが楽しくなりました。

かなりの数の写真が眠っているの状態なので、今のうちにいろいろと放出しておこうと思ってこんな記事を書いてみました。

「RICOH GR」に関連する記事のまとめ
ここ最近は連続して、リコーの高級コンパクトデジカメである「GR」に関連する記事を書いてきました。 いろんなシチュエーションで撮影し...

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です