好きだったつけ麺屋の味が落ちていた

つけ麺

先日、とある「つけ麺」専門店の本店に食事に行きました。

学生時代などは頻繁に利用していて、すごくお世話になっていたお店でした。

そして、かなりの有名店なので、以前は小さな店舗に長い行列ができていたりしたのですよ。
味もすごくおいしくて、お気に入りのお店でした。

そんでですね、そのお店に久しぶりに行ったというわけなのですけど、なんだかつけ麺の味が微妙になっていたのですよね・・・
なんか、店員さんの雰囲気もやる気を感じられないし・・・
もう二度と行かないでしょう。

このつけ麺屋さんは、僕にとっては思い出のお店でした。
信じていたのに、裏切られたような気分になりました。
非常に残念です。

通っていた飲食店はその人にとってはけっこう大きな存在なんだよね

子供の頃とか、学生時代とか、社会人になってからでも良いのですが、その時代その時代で通っていた飲食店の存在と言うのは、その人にとって意外と大きい存在です。

僕の場合は学生時代の「思い出の味」というわけですね。

ほら、「おふくろの味」という言葉があるじゃないですか。
それと同じで、人生の中で、ある期間に何度も胃の中に入れていた食べ物と言うのは、その人の食に対する価値観を決定づけるような、重要なものなのですよね。

でも、おふくろの味は母親本人が作っているからそれで良いとしても、飲食店の場合はそうもいかない場合もありますよね。
つけ麺屋とかラーメン屋さんと言うのはバイトの人が作っている場合が多いですからねぇ・・・
味のレベルを落とさないというのは重要なことだし、難しいことでもあります。

作っている人が変わるのだから、長い期間にわたって味を変化させないなんてことは不可能に近いのかもしれません。
飲食店の「料理の味」と言うのは、その店の価値を決定づけるものですよね。

いや〜でも、あんなに味って落ちるものなんだなあ〜
すごくすごくショックだったのですよ。

長い行列が消えていた

そのつけ麺専門店は、具体的な店名は書けませんが、ものすごい有名店です。
何年か前までは超大人気のお店だったのですよ。
特に、そのつけ麺屋の本店は駅から遠くて行きにくい場所にあるにも関わらず、毎日長蛇の列ができていました。

でも、先日そこで食事した時は、ごはんどきなのにお客さんが並んでいませんでした。

これは、以前「40分待ち」とかが当たり前だった事を考えたら、ありえないことです。

やはり、僕以外のお客さんも「最近微妙だな〜」と思っているということなのでしょうね〜

有名店→チェーン店

ただ、最近味が落ちたのは、思い当たるフシがあって、それはお店の数を増やしすぎたからなんじゃないかな〜と思うのです。

そのお店、僕が通っていた時代は本店と、その他1〜2店舗だけの展開で営業をしていました。
でも、現在は数十店舗くらいあります。

以前は、そのお店の店長(現在では社長?)が必ず接客をしたりとか、つけ麺を作ったりしていました。
しかし、今のそのつけ麺屋の本店は本店なのに、やる気のなさそうなバイトだけです。
やはりトップがいないという状態は良くないのかもしれません。

支店だったら、まだましだったのかもしれませんが、本店ですらそんな調子と言うのは、どうにもこうにもやばいんじゃないの?とツッコミを入れたくなってしまうところです。

スープが微妙

それにスープの作り方なんかも変わったのでしょうね〜
2〜3店舗と数十店舗の規模では、スープもそれだけ大きな工場なんかで作らなくてはなりませんから。

先日食べたつけ麺の味は、なんだかコクがなくて化学調味料の味がしました。
味の深みというものがすっかりななくなっていました。
スープが薄いから、調味料でなんとかごまかしているかんじ?

なんだか、1000円近い金額を払って、インスタント麺を食べさせられているような気分になっちゃいました。

まとめ

店員さんの接客も微妙で、味も微妙だったら、もうそのお店には行きたくないですよねぇ・・・

思い出補正があるから、ちょっとアクセスの良くないそのつけ麺専門店の本店にも、久しぶりに行く気になったのですが、もう二度と行くことはないでしょう。

何度も通ったお店だっただけに、すごくショックです。
かつては、何十分も並んででも食べたいと思う味だったのですよ。
個人的には、そのお店だけは(味が変わらないと)信じていた部分もあったのですごく残念です。

食べ物というのは、「胃を掴む」という言葉あるくらいに、人間にとって大きな存在なのです。
だからこそ、お気に入りの飲食店の味が落ちていたとなると、精神的なショックもでかいのですよ。

お店の規模を大きくしていくのも良いのですが、それでおいしくなくなっちゃうのだったらやめといたほうが良いと思っちゃうのですけどね・・・
本店だけしかないような、小規模なお店でも、変わらず美味しい味を作り続けてくれるのだったら、それで良いではないですか。

もうあの頃のおいしかったつけ麺は味わうことができないのでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です