モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立てが想像以上にサラダだった件

モスの菜摘モス野菜 オーロラソース仕立て
本日、モスに行ってまいりました。
そして、前々から気になっていた『モスの菜摘(なつみ)』に初挑戦してみました。

つい先日、モスのことについてブログを書いたばかりな気もしますが・・・どんだけモスに依存してるんだよ!と言う感じですよね。

モスが近所になかったら生きていけない件について
先々月に引っ越しをして、今の場所で良かったなあ〜と思うことがあるのですが、それは近所にモスバーガーがあるからだったりするのです。 ...

食べたのは『モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て』という、見るからに健康の良さそうなメニューです。
非常にみずみずしいレタスをシャキシャキ言わせながら、むしゃむしゃと食べましたよ。

いやぁ〜覚悟してはいたのですが、想像以上にすっごく「サラダ」って感じでした。
けっこうおいしいもんですよ。菜摘。

食べ終わると、思ったよりもお腹にたまる感じで、いい感じに満足感を得ることが出来たのは意外でした。
ダイエット中に食べるには、なかなかよい感じのメニューなのではないでしょうかね。菜摘。

モスなら何でもおいしいぞ!

モスバーガー
モスは今までの経験上、期間限定メニューとか、新商品とかであっても、あまりハズレというものに遭遇したことはありません。
たいてい何でも美味しくて、安心して食べることができるというのが、モスの魅力だと思っております。

ただ、「菜摘」に関してはどうしても、それが信じられないと言うか、注文する勇気が持てないというかで、気になりつつも食べたことがありませんでした、
なので、今回が初体験ということになってしまいました。

言ってしまえば、菜滴というのは、バンズの部分がレタスになったものです。
なので、「レタスなんぞではバンズの力」に勝てないと考えるのが普通だと思います。
でも、そこは「モス流石だな〜」と思ったのですが、その役不足と思われがちなレタスが非常にいい感じだったのですよね・・・

ボリュームもすごく多いし、何よりシャキシャキ感がすばらしいです。

なので、思ったよりも満腹感を感じる事が出来たことが、ホントに予想と反している感じで、おもしろい体験ができました。

期間限定

モスのメニュー表
今回食べた『モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て』というか『モスの菜摘』は、つい最近販売開始されたばかりの期間限定の商品のようですね。

関連(リンク先PDF注意):「モスの菜摘(なつみ)」シリーズを期間限定販売 『モスの菜摘 ソイパティ モス野菜 オーロラソース仕立て』が新登場 ~『とびきりハンバーグサンド「トマト&レタス」』も同時発売~

モスの菜摘は、2015年5月19日から9月上旬までの販売なのだそうです。

上記のメニューの右上の『とびきりハンバーグサンド トマト&レタス』というのも、新商品だそうで、気になる存在ではあります。
でも、今回はグッとこらえて、『モスの菜摘』をいただくことにします。

ちなみに、『モスの菜摘』はミートパティを『ソイパティ』に変更することもできるのだそうです。
僕は今日はお肉食べたかったので、通常のパティを挟んだものを注文しましたよ。

お肉が苦手な人や、ガチなベジタリアンな人は、正真正銘「肉を不使用のパティ」なのだそうなので、ソイパティを選択するといいですね。
ヘルシーだし、体重を気にする人にも良さそうです。
どんな味なのでしょうね?ソイパティ・・・

初体験!

席に座ってしばらく待っていると、注文の品が運ばれてきました。
モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て
・・・見た感じ、まるっきりサラダのようですね。

レタスのボリューム感が半端ではありません。
真ん中に挟まっている肉を除けば、完全にレタスとトマトのサラダにしか見えませんね。

モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て
一緒にモスに来て机を挟んで向かいの席に座っていたうちの奥さんに「こっちから見ると、レタスのかたまりを食べているようにしか見えない」と言われちゃいました。
確かに、ものすごい量のレタスだというのが第一印象です。

ちょっと難しいなあと感じたのが、レタスで全てをホールドしてある感じなので、安定感が弱いということです。
したがって、食べるときはポロポロとこぼさないように注意して食べないとダメですね。

モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て
モスの菜滴は今回が初体験なわけですが、食べてみると見た目の通りにやっぱり「サラダ」って感じの味でしたね〜
味としては、オーロラソースとトマトの酸味が非常に強く感じられる印象です。
非常にさっぱりあっさりとしている食べ物ですよ。これ。

でも、食べ進めていくとけっこう肉のジューシーさと、この野菜たちの相性が不思議といい感じにも思えてくるのですよね・・・

そして、すごくいいな〜と思ったのは、新鮮でおいしいレタスがたくさん入っていたということですね!
レタスのシャキシャキした食感と肉の旨味がいい感じに合わさっていて「意外とイケるじゃん!」と思わせてくれました。

意外と満足できちゃう

モスのフライドポテト
「これでもか!」とばかりに挟んであるレタスのおかげで、炭水化物は一緒に頼んだポテトだけだったにも関わらず、思ったよりも満足出来ました。
普通にお腹いっぱいになることが出来たのは、嬉しい誤算でしたね〜

というか、『モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て』は味が薄めなので、その対比で、むしろやさしい味のはずのモスのポテトがかなりしょっぱいように感じました。

なので、ポテトと交互に食べるといい感じのアクセントになるので、よりいっそう美味しく食べれちゃうかもしれませんよ。

まとめ

『モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て』を食べてみたわけなのですが、非常にシャキシャキした食感と自然な味わいが美味しかったです。
今日、実際に食べてみるまではモスの菜摘と言うものの存在がつかめなかったのですが、意外とイケてる食べ物だなと思いましたよ。

ただし、食べるときは安定感がないので、油断しているとこぼれてしまったり、顔とか手とかがベチャベチャになってしまうかもしれません。

モスの菜摘はバンズの代わりにレタスが使われているメニューなわけなのですが、全部食べてみると意外とボリューミーです。
大食らいの男性などでなければ、お腹的にも満足できるはずです。

これだけ贅沢に、新鮮で美味しいレタスを使った料理って、貴重な存在だと思います。
やっぱり、このレタスのシャキシャキ食感がモスの菜摘の最大の魅力だなあ〜と思いましたよ。

いや〜、なかなかに良い経験をすることが出来ました。
頻繁に行っているお店のはずなのに、まだまだ知らない世界があるものなのですね。
9月上旬まで販売予定のモスの菜摘もおいしかったし、やっぱりモスは安心して利用できるのが魅力的ですね。

コメント

  1. いなもとプリン より:

    連続でコメントします。すみません。
    やはりコレ、気になっておられたのですね。
    美味しそうですね。やっぱり。

    他のファーストフードチェーンでは
    バンズを野菜に置き換えることを考えないだろうし
    それで許可がとおるのも難しいだろうと思います。
    特にハンバーガーはパンではさむものという概念がありますから。

    しかも今、野菜がとても高いので、ある意味お得な感じもしています。
    これだけの野菜もボリュームとは思っていませんでした。
    これなら、バンズでは味わえない食感も楽しむことができますね。
    美味しさというのは味だけではなく、食感も大きく作用するという
    考えなのかもしれませんね。

    今後、手がベチャベチャになっても大丈夫なようにタオルハンカチを
    持参してモスに行きたいと思います。

    • Miki より:

      >いなもとプリンさん

      どうも〜こちらでもコメントありがとうございます。

      そうそうおっしゃるとおり、実際に食べてみて、菜摘は「モス」だからこそ実現できた食べ物だなあ〜としみじみ感じましたよ。
      あれはレタスが新鮮でおいしい状態でないと、おいしいものじゃないと思うのですよね〜
      ホント、レタスの食感を楽しむ食べ物だと思いました。
      自宅でもあれだけのレタスは食べる機会はなかなかないかな〜と思ってしまいましたよ(笑)

      食べ方には、ちょっと練習が必要かもと感じてしまいましたね〜
      菜摘のレタスはしっかりしている物を使ってくれている印象だったのですが、レタスはレタスですからね。
      集中して食べないと崩れそうでしたし、口の周りはソースがついてしまって、ちょっと恥ずかしい感じになってしまいましたw

      でも、モスの食べ物ですからなかなかに美味しいですよ〜
      是非とも、機会があればチャレンジしてみてください☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です