【革命】チャーハン王の米の味と食感に衝撃を受けた件

チャーハン王のチャーハン

新橋にある『チャーハン王』というお店に行ってきました。
『チャーハン王』とは、日本でも数少ないチャーハンの専門店です。

チャーハン王 新橋店

メニューもチャーハンと鶏スープのセットである「チャー王セット」と、その他少しのサイドメニューがあるだけというストイックさです。
お値段もチャーハンとしては、かなり高めの設定なのですが、食べに行ってよかったと思っています。

参考:チャーハン王 -チャーハン専門店

チャーハン王のサイトにも「チャーハンの常識変えます!!」と書かれているのですが、それはそのとおりで普通のチャーハンとは別の存在だったように感じましたね。
特に米の味と食感には衝撃を受けました。
けっこう冗談ではなくて、自分の中でのチャーハンのイメージに革命が起こりましたよ。

【チャーハン王】新橋にあるチャーハン専門店

ニュー新橋ビル 地下1階

チャーハン王の新橋店は、JR新橋の駅を降りてSL広場に出て左側のビル、ニュー新橋ビルの地下1階にあります。
ここは、地下の飲食店街のようになっています。
でも、この日は11時の開店してすぐくらいの時間に訪れたので、お店の周辺には人影がありません。

「こんなとこに本当にあるの?」とかなり不安になりながらもお店を探すと、ほどなくして「チャーハン王」と書かれた看板が見えてきました。

チャーハン王 新橋店

店内には開店してすぐなのに、すでに数人の客が入っていて、チャーハンを食べていました。

チャーハン王の店先の立て札

「チャー王セット 980円」と書かれている立て看板です。
鶏スープがついてくるとは言え、チャーハンでこの値段がかなりお高いですよね。

チャーハンというと、中華料理店やラーメン屋でおまけのように注文するようなイメージがありました。
でも、この値段設定と雰囲気を見て、期待が高まってまいりましたよ!

メニューはチャー王セットだけ!

チャーハン王のメニュー

メニューは基本的には「チャー王セット」だけです。
一応サイドメニューはあるようですが、「高菜」とか「酢モツ」とか「ピリ辛もやし」などの本当にちょっとつまむだけのような料理しか置いてありません。

こういうシンプルなメニューは個人的には好きですね。
それだけ自信があるということなのでしょう。

作っている様子は観ることが出来ない

注文して待っている間、厨房の方から「ガコンガコン!」というものすごい音が聞こえてきました。
きっとチャーハンを炒めている音なのでしょう。

ちょっと残念だったのは厨房が客側からは全く見えないということです。
どんな感じでチャーハンを作っているのかすっごく気になったのですが、もしかしたら企業秘密などがあったりして見せられないのかもしれません。

米の味と食感がすごい!

チャーハン王のチャーハン

しばらく待っているとチャー王セットのチャーハンとスープが運ばれてきました。
具材は、卵とかまぼこだけのものすごくオーソドックスなチャーハンです。
最後に乗せられた青ネギがいい感じに彩りを豊かにしているというわけですね。

なにやらここのチャーハンは野菜などの具材をペーストしてから混ぜ込んでいるとか・・・
・・・どういうことかよくわかりませんが、とりあえずここのチャーハンの味には衝撃を受けました。

チャーハン王のチャーハン

一口目を食べた瞬間の米の食感がやばいですよ。
ものすごく米がしっかりしていると言うかなんというか・・・ただ単にパラパラなだけじゃなくて、ご飯の食感自体も楽しめちゃう感じなのです。
味付けはよくある普通のチャーハンの味付けなのですが、単調なはずのチャーハンが次から次へと口に運びたくなるような料理へと変貌しておりました。

パラパラなのにあまり油っこくないというのも印象的でしたね。
油をあまり使わなくても、こういう味に仕上げることができるのは何らかの秘密があるのでしょう。

米の炊き方も普通とは違うのでしょうね〜
ただ、歯ごたえがあって硬いというだけではなくて、程よい弾力があってかつ、なんとも言えない旨味のようなものを感じました。
米の味の魅力を引き出したような味のチャーハンですね。

それと、意外とかまぼこの存在感が大きいですね。このチャーハン。
かまぼこのグニグニした食感と、米のパラパラした食感がいい感じにリズム感を演出していて、非常にマッチしていました。

スープうまいよ

チャーハン王の鳥スープ

それと、一緒に運ばれてきたスープも忘れてはいけません。
このスープは「鶏」のスープです。
博多の水炊きのスープがベースになっているということなのでしょうかね。

かなりいい感じに鶏ガラの出汁の味が出ていて美味しかったです。
美味しい鶏白湯ラーメンのスープのような印象ですね。

なかなかチャーハンとセットでこのような味のスープを出してくれるところは他にはないのではないかな〜
あまり飽きない味のスープです。

これがまた、チャーハンと合うのですよね。
チャーハンと鶏スープを交互に食べると、いい感じにアクセントになっておりました。

特製ダレとラー油

チャーハン王のチャーハン

テーブルには特製ダレとラー油などが置かれていて、メニューに「半分くらい食べたら特製ダレをスプーン1杯かけて食べるのがオススメです」ということが書かれていました。

なので、途中でその特製ダレと・・・ついでにラー油も「辛いのが得意な人にはオススメ」らしいので使ってみました。

特製ダレは、言ってしまえば酢醤油ですね。
嫌味のない酸味が加わって、さっぱり感がプラスされた感じでした。
それと、ラー油はかなり辛めのラー油で、辛いのが苦手な人はやめといた方が良いでしょうね。

特製ダレをかけることで途中で味が変わったので、かなり新鮮な気持ちで食べ進めることが出来ました。

似たようなケースで、油そばとかを食べに行くと、途中で酢醤油をかけて食べる場合が多いのですが、そう言うイメージでしょうかね。

それと、ちょっと驚いたのが、スプーン1杯の特製ダレをぶっかけたにも関わらず、チャーハンの食感に変化がなかったということです。
普通だと、チャーハンに水分を加えたらちょっとベチャッとしてしまいそうなものなのですけど、ここのチャーハンは米のしっかりとした感じが損なわれないのです。

特製ダレをかけて味がさっぱりしつつも、米の魅力も変わらないというのがすごいなあと思いました。

まとめ

チャーハン王のチャーハンを食べてみて、自分の中でのチャーハンへのイメージと考え方がまるっきり変わってしまいました。

僕、チャーハンは自宅でもよく作るのですが、もうちょっと研究してみようと決心しましたよ。
やっぱりここのチャーハンを食べてしまうと、この味が忘れられないというかなんというかで・・・もっと美味しいチャーハンを作ってみたい!と思いました。
もっとこだわってチャーハンに取り組めば、家庭でもかなりいい感じのチャーハンが作れる!かもしれません。

やはり、チャーハン王のチャーハンは米が特徴的です。
今までに、いろんなお店のチャーハンを食べてきましたが、こんなにも米の食感と味を引き出しているチャーハンは食べたことがありませんでした。

大げさではなくて、自分の中でのチャーハン観への革命が起きちゃいましたよ。

チャー王セットは980円もするので、最初は「ちょっと高くない?」と思っていました。
事実、もしもこのお店は近所にあったとしても、財布の中身が気になって、頻繁にチャーハンを食べに行くことは出来ないでしょうね。

でも、チャーハン王のチャーハンを一度は食べることができて良かったと思っています。
なんというか、すごく良い経験をすることが出来たような気がしておりますよ。
この経験をするためだったら、そんなに高くはない値段設定だと思いました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です