自分の手の大きさを見ろ!iPhone6の方が調度良いサイズかもしれないよ

Appleロゴ

とうとう、6が発表されましたね。
発売は9月19日なので、たのしみですね。

事前にリークされていた情報の通りに、サイズの違う2種類の販売となるようです。

5.5インチのものは「iPhone6 Plus」、4.7インチのものは「iPhone 6」と呼ぶようです。
どちらを選んでも現行のどのiPhoneよりもサイズが大きく、基本的な性能も向上しているそうです。

そろそろ、僕が現在使っているiPhone4Sが危ない気がしているので、買い換えたいと思っています。
どちらにするかは悩みました。
考えた結果「iPhone6」の方が自分には良いかなと思うようになりました。

というのも我々日本人には「iPhone6 Plus」は大きすぎると思ったからです。

新しいiPhoneが欲しいけど、便利に使うためには大きすぎるのも考えものだと思う

「iPhone6 Plus」はでかすぎるのでは?

「iPhone6 Plus」は日本人にはでかすぎるかも知れないません。

『iPhone 6 Plus』の大きさってどれくらい? 身近なアレと全く同じ大きさだった|ガジェット通信

上記のリンクの記事では、「iPhone6 Plus」は一万円札とほぼ同じくらいのサイズであると書かれています。
実際に1万円札を片手でiPhoneぽく持ってみると、かなり大きいと感じられます。
iPhone4Sと1万円札
現在愛用しているiPhone4Sと1万円札を重ねて写真を撮ってみました。

僕のiPhone4Sにはアルミ製のごっついバンパーが付いているので、裸の状態よりはボリューム感があります。
でも、こうすると「iPhone6 Plus」は今までのiPhoneとは比べ物にならないくらいのサイズであるということが分かります。

また、もう一つの例として、「ニンテンドー3DS LL」ともだいたい同じ大きさであるという情報もありました。

iPhone 6/6 Plusの大きさを比較!PlusはNintendo 3DS LLとほぼ一緒!|男子ハック

3DSはiPhoneと比べるとかなり分厚いです。
でも、比べるとやはり相当な大きさの画面であるように感じます。

3Dのゲームとかするには下手な携帯ゲーム機を使うよりも良いかもしれませんね。

片手で扱うことができない

これだけの大きさだと大抵の人は手の大きさが足りなくて、片手で扱うことが出来ないのではないでしょうか。
両手で扱うことを前提としたサイズのデザインであるように思えます。

試しにニンテンドー3DSのLL板を「iPhone6 Plus」のつもりで片手で持ってみました。
ニンテンドー3DSが片手で持つにはでかい
これ一応、親指に力を入れて、精一杯伸ばしている状態です。

僕は男性としては手が小さい方というのもあるのですが、親指が画面の端まで全然届きませんでした。
頑張って持ってみたのですが、手がプルプルしました。
3DSは分厚いですから、そのせいもあるのですが、そういうレベルを越えてでかすぎるように感じます。

むしろ、これだけ大きい端末ならば「iPad mini」とかで良い気がしてきますね。

ちょっとした時に弄りたくなる、iPhoneの気軽さが生かせない大きさなのではないかと感じます。

日本人は「iPhone6 Plus」を選ぶべきではない理由

もう一つ気になるのが「フリック入力」がやりやすいのか?ということです。
iPhoneに限らず、スマホを使っている大抵の日本人は「フリック入力」で文字をうっていると思います。

英語の文章を打つ時とかだとQWERTY配列のキーボードを使って文字を入力するのが便利ですが、日本語はやはり「フリック入力」が楽ちんです。

QWERTYキーボード

あんまりでかいとフリック入力とかやりにくそうです。
少なくとも片手でフリック入力とかするとiPhoneを落としてしまいそうです。

フリック入力そう、フリック入力は片手でも手軽に、そして素早くできるというのが売りであるという気がします。
それを両手でやることしか出来ないということになってしまうのは、便利であるとは言えません。

QWERTYキーボードで文字を入力するときは個人的には両手で行う、というイメージがあります。
故に、英語圏の国の人の場合は「iPhone6 Plus」は魅力的な選択なのかなと感じます。
それに、欧米人は手が大きい人が多そうですしね。

ひょっとしたら大柄な外国人にとっては「iPhone6 Plus」のサイズ感がぴったりなのかもしれません。

でも、僕達日本人はそうはいきません。
フリック入力の件もそうなのですが、欧米人に比べて日本人は小柄な人が多いです。
つまり手が小さくて、5.5インチもの大きさのiPhoneを使いこなせない人が多いということが予想できます。

もちろん、手が大きくて今までのiPhoneが小さいと感じている人ならば、OKです。

でも、女性や僕のように手が小さい男性は、おとなしく4.7インチの「iPhone6」を選択するほうが無難かもしれません。

まとめ

iPhone6の噂が出始めた頃は、大きいサイズのiPhoneがいいなあ、と思っていました。
それこそ、大きければ大きいほど良いと思い込んでいました。

でも、いろいろと調べたり考えたりしているうちに5.5インチというサイズは大きすぎるかも、考えを改めました。

実際に手持ちの1万円札や3DSをiPhoneっぽく持ってみると実感できると思います。
ちょっと大きすぎるかも、と感じる人が多いはずです。

これは、もちろん人によります。
大きい画面のiPhoneはものすごく魅力だというのもよく分かります。
僕もかつてはそんな大画面なiPhoneに憧れを持っていました。

大きい画面のiPhoneで動画とか写真などを見てみたいです。

それに、両手持ちでも良いから大きいほうが良いという人には「iPhone6 Plus」は良いと思います。

また、手の大きい人にとってはボディが大きいほうがホールド感が増すのかもしれません。

でも、多くの日本人の手のサイズで、あのサイズはでかすぎる気がします。
少なくとも僕は、4.7インチの「iPhone6」の方が使いやすそうだと思いました。
それでも、今までのどのiPhoneよりも大きいですからね。

そんなわけなので、僕は「iPhone6」を選択することになると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です