iPhone6用のケースを適当なものを選んで買って、液晶保護フィルムは貼らない予定

iPhone6用のケースを買ってつけてみた

最近、6のことばかり書いている気がします。
だって、新しいiPhoneっていじるのが楽しいですからね。
それに、いろいろとやっておくことも多いので、必然的にそういう話題が多くなってしまうのです。

今日は、近所の電機屋に行ってiPhone6用のケースを買ってきました。
現在はまだ、iPhone6が発売して間もないので、お店に置いてあるケースの種類も少ないです。
したがって、とりあえず適当に目についた安いケースを購入して、後日また自分の気に入ったケースを手に入れる、という作戦で行きたいと思います。

液晶保護フィルムを買うかどうかも悩みましたが、iPhone6に関してはノーガード戦法で行きたいと考えています。

落としたりするとやばいのでケースを買ってきた

iPhoneにはケースは必要

iPhoneと言うのは、落としたりするとどうしても壊れやすいものです。
ネット上ではiPhone6を購入して、お店から出てすぐに落としてすぐに割ってしまったという人のことが話題になっていました。

iPhoneを裸で使うのもカッコ良いのですが、こうならないためにもケースは必要だと思います。
こればっかりはしかたないですね。

僕はiPhone4Sを使っていた時も、不注意なのでiPhoneを落とすことが多かったです。
多分、バンパーをつけていなかったら大変なことになっていたに違いありません。

とりあえずのケースを購入

iPhone6用のケースを買ってつけてみた
現在はまだ、ケースの種類も少なくて選択肢があまりありません。
それもあって、今回は安い1000円くらいのケースを買ってきました。

シンプルなクリアブラックのケースです。

これはこれでなかなか良いのですが、せっかくだから、もうちょっと個性的なケースにしてみたいなあ、と思っています。
iPhone6用のケースを買ってつけてみた
このケースは構造的に、前面を全くガードしてくれていないので、落としたりした時の角度によってはガラスが傷ついたり割れたりするかも知れません。
ちょっと不安感があるケースなので、iPhone6を扱うときは細心の注意を払いたいと思います。

もっと良いケースが欲しい

後日、何かもっと良いケースがあれば、交換する予定です。

もしくは、真鍮板などを使って自作しても良いかなと思っています。

せっかくの美しいデザインのiPhone6ですから、個性的かつ、かっこいいケースをつけてみたいですね。

液晶保護フィルムは貼らない

iPhone4Sの時は、手に入れてすぐに液晶保護フィルムを買って、しっかりと貼り付けました。

しかし、iPhone6の場合は貼り付けなくても良いかもしれないと思っています。

いや、貼り付けにくいと言ったほうが良いかもしれません。
なぜなら前面のガラスがiPhone6の場合は歪曲しているからです。
保護フィルムは平坦な面にしか貼れないですからね。

ガラス部分の端っこは、必然的にフィルムが貼れていない状態になってしまうはずです。

そのせいで液晶保護フィルムを貼ると、「液晶保護フィルムを張っている」という感じがもろに見えてきそうです。
特に、厚みがある保護フィルムだと、目立ちそうな気がします。

歪曲した面にも貼れるようなすごい保護フィルムがあれば良いのですが、そんなの今のところは無いですよね。

したがって、今回のiPhoneでは、あえて液晶保護フィルム無しでいってみようかと思っています。

まとめ

iPhone6は非常に薄く作られています。
故に、落下時などの対策のためにもケースやバンパーを取り付けるのは必要なことだと思います。

早速、iPhone6のケースを買ってきて取り付けましたが、後日別のものに交換する予定です。

もしくは良いデザインが思いついたら真鍮を使ってケースの自作にもチャレンジしてみたいです。
もしかしたら、自分で作ったほうが強度も高くて、使いやすいケースが作れるかもしれないですよね。

液晶保護フィルムは貼らないほうがこのiPhoneのデザインの美しさは活かすことができるような気がします。
でも、ガラスが傷ついたりしたらショックなので、大事に使っていきたいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です