MacBook Proの真夏の熱さは異常!冷却用に机から浮かせる真鍮製の台を自作してみた

MacBook Pro スタンド 自作

MacBook Pro用に真鍮製のスタンドを自作してみました。
MacBook Pro スタンド 自作
その目的は、腰痛ひどくなってきている腰痛の改善と、夏に向けての熱対策のためです。
なかなか良い感じに出来たとは思いますが、今外付けのキーボードを注文しているところなので、それが届けばさらに使いやすくなりそうです。

姿勢の改善と熱対策のためにMacBook Pro用のスタンドを自作してみた

作った理由①:姿勢の改善

MacBook Pro スタンド 自作
今回この真鍮製のスタンドを作った最大の理由は、画面の位置を変えて姿勢を良くするためです。
最近、ずっとMacの前に座っているせいなのか、制作のし過ぎなのかわからないのですが、背中とか腰のコリが酷いです。
僕は、ちょっと猫背になってしまう癖があるようで、作業に集中すればするほど姿勢が前のめりになってしまいがちです。

姿勢が悪くなるのは腰痛や肩こりの大きな原因の一つです。

先日、あまりにも腰痛がひどくなってきてしまい、こりゃまずいと思って整体を受けに行くも、劇的に改善するということもありませんでした。
気持ちよかったので、また施術を受けにいきたいとは思うのですが、整体には定期的に何度か行かないと、慢性的なコリは治らないと思います。

この真鍮製のスタンドを作ったのは、画面の位置を高めにすれば腰の負担になりにくい姿勢になるのかなと思ったからなのです。

画面の高さが少し高くなれば、前のめりな姿勢ではなくなって、腰痛が治るかもしれません。

作った理由②:熱さ対策

MacBook Pro スタンド 自作
これを作ったもう一つの理由は、これから始まる本格的な夏に向けての熱さへの対策のためです。

MacBook Proというのは非常に優秀な性能で、特に僕の使っているのはメモリを16Gに増設したり、HDDを1Tの7200rpmのものに換装したりといった改造をしてあるので、快適につかえています。
しかし、MacBook Proは長い時間使っていると、どうしてもかなり熱くなってきてしまうのが玉にキズです。

今のところ、僕のMacBook Proは熱暴走をしたりというような異常はないですが、ずっとキーボードで文章を書いていたりすると、手が触れている部分が熱くなってきてしまいます。
冬ならば、ホッカイロみたいで良いのですが、夏の暑い日などはとても耐えることができなそうなくらいの熱さになってしまいます。

なので、少し机からMacを浮かせることによって、風通しを良くして多少でも冷却性能を上げてみようと思ったわけです。
まあ、これは気休め程度なので、そこまで大きな効果があるとは思えないのですが、やらないよりはマシかなと思います。

それでも、直接触れてしまうと熱いのにはかわりはないのですけどね。
実際に今現在も、特に左の手のひら辺りがすごく熱いのを我慢しながら、この文章を書いていたりします。

今、外付けのキーボードをAmazomで注文していて、それを接続して使えば、直接MacBook Proのキーボードを触る必要もなくなるので、それまでの我慢です。

実は注文しているキーボードはずっと欲しいと思っていたものなので早く来ないかとワクワクしております。
MacBook Pro スタンド 自作

真鍮製のスタンドの製作工程

この真鍮製のスタンドの作り方を書いていきたいと思います。

まず、糸ノコを使って、真鍮の板を切り出していきます。
MacBook Pro スタンド 自作
真鍮板は厚さ1ミリのものを使いました。
ドリルで直径5㎜の穴も全部で6個開けます。

丁寧に切り取って穴開けもできたら、ヤスリやキサゲや磨きべらなどを使い、形を整えます。

次に、もう一つの必要なパーツである長さ30㎝の真鍮の棒を3本用意します。
MacBook Pro スタンド 自作
これも糸ノコを使い必要な長さに切って、紙やすりを使って磨いておきます。

この真鍮の棒は末端にネジを切ります。
MacBook Pro スタンド 自作
万力に噛ませて、ねじ切り用のダイスを使ってネジを切っていきます。

3本の棒の両端なので、計6箇所のネジ切りができたら完成です。
MacBook Pro スタンド 自作

これで、全てのパーツが揃いました。
MacBook Pro スタンド 自作
後は組み立てるだけです。

MacBook Pro スタンド 自作
真鍮の板をワッシャーとナットで挟みこむようにして組み立てます。

MacBook Pro スタンド 自作
完成です。

特に苦戦することもなくスムーズに製作することが出来たと思います。

まとめ

ManBook Proを斜めにして設置する真鍮製の自作スタンドですが、思ったよりもこの斜めの状態のままでもキーボードを打ちやすいかもしれません。
もともと、外付けのキーボードを取り付けるためにこのスタンドを作った部分もあって、この斜めの状態のキーボードを使い続ける予定はなかったのですが、これは意外でした。

今、注文している外付けのキーボードが来れば、斜めの状態でタイピングをすることもなくなるとは思うのですが、意外とこのままでも良いかも?なんてことを思ったりしています。

しかし、やっぱりずっと使っているとMacBook Proのアルミ製のボディが熱くなってしまうのは変わりないので、直接触れなくて済むように早く注文しているキーボードが来て欲しいですね。
この真鍮製スタンドの熱対策効果は本当に気休めですね。

多分、普通に机に置くのと比べると地面と接していないので放熱効果はあるはずですが、直接触るとやはり熱いのには変わりありません。

でも、とりあえず姿勢はかなり改善されたように感じます。
変に前かがみになってしまうこともなくなりました。
これで、腰痛も良くなれば良いのですが…

しばらく、このままで様子を見てみたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です