驚くほどスムーズだった!AppleStoreでディスプレイのひび割れ修理しに行ったら親切にしてもらった件

ひび割れたiPhone6
先日、6のディスプレイを落として割ってしまいました。
液晶保護フィルムを貼ることで何とか普通に使えるような状態ではあります。
でも、このままでは非常に不便だし、この状態のiPhoneを見ていると、なんだか悲しい気分になってしまいます。

なので、すぐにApple Store(アップルストア)のGenius Bar(ジーニアスバー)の予約をしました。

ジーニアスバーで修理の予約したよ…iPhone6を落として割ってしまったのときの応急処置
ああああああああああああああああああ〜〜〜〜〜〜!!!! ・・・ ・・・ ついに・・・ついにやってしまいました。 ...

結果的には、予約をして訪れたその日に即日修理をしてくれて、今までと同じように使うことができるようになりました。
しかも、本体の交換ではなくて「ディスプレイ画面のみの交換」で済んだので、思ったよりもそこまで金額が大きくなくて助かりました。

これだけ派手に壊してしまった場合だと、本体の交換になってしまうようなイメージがあったので、これは嬉しい誤算でしたね。

しかも、所要時間も1時間程しかかからなくて、ちょっと街をぶらぶらしている間に修理が完了してしまいました。
さすがアップルストアですよね。これはすごい!!

iPhoneはすでに生活の一部となっている感があるので、1日でも手放したら困ってしまいますからね。
本当に助かりました。

壊れたiPhoneをジーニアスバーに持っていけば即日で修理してくれる

アップルストア銀座
今回、行ったのは銀座のアップルストアです。

実は、こちらのアップルストアでお世話になるのは今回で2回目のことです。
その2回のどちらもが、スタッフの方に非常に素晴らしい対応をしていただいたのが感動的だったのですよね。

というわけで、今回もここのジーニアスバーにお世話になることにしました。

Apple – お近くのApple Store – Genius Bar

アップルストア銀座
予約は15時半からだったのですが、時間があったので店内をいろいろと見てまわったのですが、やはり最近発売されたばかりのApple Watchだとか新しいMacBookがメインと言う感じの展示でしたね。
それと、外国人の方が非常に多かったのが印象的でしたね。

4階のジーニアスバーへ

4階のジーニアスバーに行ってスタッフの方に、自分の名前を言うと、担当者が来るまで待つように言われました。
というか、この時って名前だけで良いのですよね・・・
ネットで申し込んだのに、番号だとかAppleIDだとか申込番号だとかを聞かれなかったのが、なんかすごい違和感あります。

僕としては楽ちんだけど、他の人がなりすましたりとかしないのかな?

iPhonrを探すをオフにする
iPhoneの修理ですが、その場合は事前にバックアップをとっておくのはもちろんのこと、「iPhoneを探す」の機能をオフにしておくことが必要なのだそうです。(後で見たらジーニアスバーの予約完了の画面に「オフにしてね」と書いてありました。)

これ、もしもこのiPhoneがもっと本格的な修理だとか、交換だとかで、この建物の外に持ちだされた時に、場所を特定されないようにするため?とかなのでしょうかね?
それか、こうしないと分解できない何かがあるのでしょうか?
はっきりと理由はわかりませんが、指示にしたがってこの機能を「オフ」にしました。

少しの間待っていると、担当のスタッフさんが来てくれました。
「iPhoneを落としてディスプレイが割れてしまった」ということを告げると、ものすっごく心配そうな表情で「おケガはありませんでしたか?」と聞いてくれたのですが、ちょっと吹き出しそうになりました。(すみません)

ディスプレイ交換へ

いろいろと診てもらった結果、「ディスプレイの交換をすれば直る」とのことでした。
実は、「iPhoneのディスプレイを交換する」ということが可能だとは思ってませんで、てっきりその場で交換して終わりになるのだとばかり思い込んでいました。

しかも、1時間程で修理が完了して受け取ることができるのだそうです。
きっと、アップルストアの奥の方に修理するところがあって、専門のスタッフさんが作業をしているのでしょうね。

ただし、落とした衝撃などによって、ディスプレイ以外の部分が破損していたりして、修理しても直らない場合は、本体の交換ということになってしまうのだそうです。

iPhone6修理見積書
ディスプレイの交換の場合は『12800円(税抜)』で、本体交換の場合は『34800円(税抜)』なのだそうです。

もうね、この瞬間までは3万5千円以上の金額を支払うつもりでアップルストアに訪問したものですから、これは嬉しい誤算でした。

ただ、これだけガラスが割れちゃうくらいに衝撃が加わっていると中身もどうなっているかわかりません。
一応、簡易診断では問題なかったのですけどねぇ・・・

この時は、中身が壊れていない事を祈るような気持ちで、時間まで待ちました。

直った!

時間をつぶしてから、再度アップルストアに訪れました。

受け取り用のカウンターがあって、そこに行くと、少し順番待ちをした後に、スタッフさんが僕のiPhoneを持ってきてくれました。
ディスプレイ交換によって完全に直ったiPhone6
結局、ディスプレイの交換だけで、問題なかったとのことで、(ガラス部分は)新品同様の状態になって返ってきました。

いや〜ホントに直って良かったです。
しかも、ほんの一時間程度で修理が完了して、手元に戻ってくるなんて思いもしませんでした。

しかも、出費も予想より少なくて済んだので、ホッとしました。
もちろん、ディスプレイの破損だけで、そこまで他の部分が故障していなかったのが良かったのでしょうけどね。

iPhoneを割ってしまってからと言うもの、ガックシきていたのですが、これでやっと元気に活動することが出来そうです。

まとめ

やはり、アップルストアと言うのは、特別な存在であると感じました。
スタッフさんの、お客さんへの対応の仕方というのも、日本の企業にはない独特なフレンドリーさがあったりして、何度足を運んでも非常におもしろいです。

それと、Apple製品の本家であるので、修理・交換などの対応が非常に素早いのが、ユーザーとしては嬉しいところです。(というか、携帯ショップなどでは修理は無理らしいですよ)
他にも、持っていけばすぐに修理してくれる修理屋さんもあるにはあるのだとは思いますが、やはりAppleStoreだと安心感が違いますよね。

今回、修理をしてもらって良かったと思うのが、意外とスムーズに修理することができるということが分かったということです。
もちろん、近所のアップルストアが存在しない場合は難しいですけどね〜
普通にイケる距離にアップルストアがあって、ジーニアスバーに予約を入れさえすれば、後は(運が良ければ)13000円くらいの修理費用で直ってしまうのですからね。
そもそも、「ディスプレイを取り外して新品と交換する」という素人にはどうやってやっているのか検討もつかないような作業を、ほんの1時間程度でやってくれるというのだから素晴らしいことですね。

こうやって、普通に直るということがわかったので、これからは変に緊張しないでiPhoneを使うことが出来そうです。
もちろん、落としたら壊れるのは当然のことなので、気をつけますけどね〜

というわけで、以上が、落としてガラス面を割ってしまったiPhone6の修理の顛末でした。

追記:ガラスフィルム貼ってみました。

【MOKO】iPhone6用の全面保護可能なガラスフィルムを貼ってみたらいい感じだった件
先日、AppleStoreに行って修理してもらったiPhone6なのですが、ガラスフィルムを貼ることにしました。 今ま...

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です