【HUNTER×HUNETR】一日も早い冨樫先生の復帰を望んでいます

腰痛が治らない

HUNTER×HUNTER : 連載再開が未定に 作者の容態回復せず

上記のリンクの記事に書いてあるように、ハンターハンターは冨樫先生の腰痛が回復しないためにしばらくお休みとなってしまうようです。
再開の時期は未定です。

ものすごく残念ですが、これは仕方ありませんよね。
一日も早く元気になることを祈っています。

ハンターハンターの連載はしばらくお休みのようです

ゲームのせいで休んでいると思っている人が多い

冨樫先生が休載している理由は、本当のところなぜなのかはわかりません。
発表されている内容が真実かどうかなんていうことは、当事者にしかわからないですからね。
でも、僕の個人的な考えでは、やはり腰痛などの体調不良のせいで、あまり漫画を描くことが出来ないのだと思っています。

しかし、ネットでいろいろ見ていると、ゲームをしているから休みをもらっていると本当に考えている人が意外と多いということに驚かされます。
そういうことを言ってしまうのは、ちょっと酷いのでは?と感じてしまいます。

まあ、最近ドラクエ10の3DS板とかが発売されましたからね。
ゲームはしている可能性は高いですよね。

本気でないとハンターハンターは描けない

でも、やっぱりゲームがやりたいから休載しているわけではないと思います。

だって、こんなにおもしろい作品を描くことが出来る人が、そんなに無責任なわけないですから。
ハンターハンターは、他のことに気を取られていながら描くことができる漫画ではありません。

僕も全くジャンルは全く違いますが、作品を作っている人間です。
だからこそよく分かるのですが、本当におもしろい作品を作る人は、本気でその作品の事を考えているものです。

少なくとも片手間で、どうでも良い気持ちで制作に向き合っていては、優れた作品を生み出すことは出来ません。
そして、ハンターハンターは本当におもしろい、優れた漫画作品だと思っています。

だからこそ、冨樫先生はゲームをしたいから休載しているのではないと思います。
腰痛、体調不良、もしくはその他のどうしても休まなくてはならない何かで、休載をしているはずです。

どちらにしても、すごく心配です。
早く元気になってほしいです。

まとめ

漫画家という仕事もずっと座って同じ姿勢でする仕事です。
故に、腰痛は職業病と言っても良いものなのかもしれませんね。

ゲームというのはハンターハンターを始めとする、冨樫先生の作品の元となっているものではあるとは思います。
でも、僕の考えでは冨樫先生はゲームがしたいから休載しているわけではないと思うのですよね…

こんなにおもしろい漫画を描ける人が、そんなに中途半端な気持ちで制作にのぞんでいるわけがないですからね。

きっと、ホントにシャレにならないレベルの腰痛を抱えているのだと思います。

また、しばらくはハンターハンターが読めないのは残念ですが、ファンとしてはただおとなしく待つことですね。
それが、僕達の仕事です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です