あまりにもHUNTER×HUNTERが連載再開しないので、ジャンプを切り刻んでみた

週刊少年ジャンプ

僕は冨樫義博先生の人気漫画である、『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』の大ファンなのですが、悲しいことに現在は休載中です。
去年の8月のジャンプの掲載を最後にして、ずっと音沙汰なしの状態です。

はあ・・・仕方ないこととは言え、すごく残念です。

ハンターハンターが連載されていた時期は、ジャンプの発売日の月曜日が楽しみで楽しみでしかたなくて、それだけで毎日がハッピーでした。

現在、約半年の休載ですけれども、僕はずっと待っていますよ。連載再開を。
(半年の休載はハンターハンターとしては、まだまだ短い方ですが・・)

そんなわけなので、ハンターハンターを読むために保管してあったジャンプを、もっとハンターハンターが読みやすいようにするために加工することにしました。
ハンターハンターのページだけを切り出して、一冊の本みたいにしてしまいたいと思います。

僕はハンターハンターを読むためだけに週刊少年ジャンプを買っています

9冊のジャンプ

週刊少年ジャンプ
まだ、単行本になっていないハンターハンターが掲載されたジャンプは9冊です。
この9冊のジャンプを惜しげもなく切り刻んでいきます。

何故、このようなことをしようと考えたのかというと、理由の1つは来月予定している引っ越しが関係しています。

ジャンプは非常に分厚いです。
そのためにものすごくかさばるのです。
言い方は悪いですが、部屋の置いておくだけでも邪魔なんです。

なので、このまま引越し先に持っていくのは嫌なので、ハンターハンターのページだけを抜き出して、コンパクトにしてしまおうと考えたというわけです。

ジャンプにカッターの刃をいれる

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す
そんなわけなので、無抵抗のジャンプにカッターの刃を入れていきます。

ハンターハンターの載っているページを見つけて、慎重にバッサリと切っていきます。

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す
真っ二つに切り離されたジャンプ。
申し訳ない気持ちにもなってしまいますが、心を鬼にして作業を続けます。

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す
綺麗に切ることは意外と難しいです。
あとで、なんとかして形を整えなくてはいけません。

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す
あの分厚かった9冊のジャンプがこんなに薄くなりました。

整える

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す
端っこがガタガタの状態だと、あまりにも見栄えが悪いので、定規とカッターを使ってエッジを整えていきます。
こうして、カッターでスッと切ると、かなりいい感じにフラットな感じの切断面になりますよ。

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す
そしたら、ホッチキスを使って、バラバラにならないようにまとめていきます。
ハンターハンターの2話分くらいの量を一気にホッチキスでとめていきます。

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す

ガムテープ製本

最後はガムテープを使って製本(?)をしていきます。
世の中には『製本テープ』という非常に便利な道具もあったりするのですが、今回は手元になかったので、ガムテープを使います。

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す
というわけで、ガムテープを使って本の状態を作っていきます。
でも、実はあまりにもノープランで作業を始めてしまったがゆえに、適当です。

これを製本と言ってしまうと、製本屋さんに怒られてしまいそうですが、自分なりに頑張った結果なので許してください。

正直言って、どうやって最後の状態に持っていったのかわからなくなってしまうくらいに、たくさんガムテープを使いました。

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す
なんとか完成です。
ガムテープを使っていると言う時点で、ものすごい「適当感」が漂っていますが、ハンターハンターにはそれがふさわしいような気がします。個人的には。

表紙が、ちょうどカラーのネテロ会長の絵だったのでかっこいいですね。

ジャンプのハンターハンターが乗っているページだけを切り出す
側面から見るとこんな感じです。

味があって大変よろしいのではないかと自画自賛してみたりします。

きっと、連載が再開されたら単行本もすぐに発売されると思うので、それまではジャンプから切り出したこのハンターハンターを使っていきたいと思います。

まとめ

現在、ハンターハンターが休載している理由は、作者の冨樫先生の体調不良が原因なのだと言われています。
一応、「腰痛がひどいから」というのが理由なのだそうです。

もしかしたら、腰痛以外にもいろいろと悪いところを抱えていたりするのかな?とも思ってしまいますが、ファンとしては心配だという気持ちと同時に「早く続きが読みたい!」ということも同時に思ってしまいますよね。

いや、個人的にはしっかりと身体を治して欲しい気持ちの方が強いです。
いやいや、でもやっぱり「早く続きが読みたい!」という気持ちも同じくらい大きいです。

少なくとも、ハンターハンターが休載している現在の状況は楽しくないです。
はあ・・・

引っ越しをするという個人的な事情もあって、ジャンプをハンターハンターだけの状態にしてコンパクトにするために、自分で製本してみたという話でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です