完璧な夏バテ解消料理:激辛ゴーヤ丼を作ってみた

激辛ゴーヤ丼

夕飯に激辛のゴーヤ丼を作ってみました。

ちょうど、自分一人分のご飯を用意すれば良い日だったので、何も気にすることなく豆板醤をたくさん入れてしまいました。
もしも辛すぎても、自分一人がつらい思いをすれば良いだけなので、たっぷり入れちゃいました。
そしたら、かなりの激辛の料理になってしまったのですが、その辛味のおかげで、夏バテ気味で食欲がなかったのが、少し復活したようになった気がしました。

ゴーヤという食材は夏バテに効果があるという話もあるので、毎日のようにベランダでうちの奥さんが育てているゴーヤが収穫できるので、食べ続ければ夏バテが解消できるかもしれませんね。

激辛ゴーヤ丼は夏バテ対策に良いかもしれない

創作ゴーヤ丼(激辛)

激辛ゴーヤ丼
今回作った激辛ゴーヤ丼は創作料理です。

材料はゴーヤと豚肉とにんにくです。
それに調味料は豆板醤と甜麺醤をたっぷり入れました。

基本的な作り方は、豚肉とゴーヤを適度な大きさに切ったら、みじん切りにしたにんにくと一緒に炒めて、最後に片栗粉でとろみをつけて完成です。
非常に簡単な中華風の料理です。
盛りつけてから、花山椒をたっぷりふりかけたので、豆板醤の辛味とともにビリっとくる辛味も同時に味わうことができる、激辛料理に仕上がりました。

ゴーヤはなかなかに癖の強い味の食材なので、ガツンとした味付けにしたほうが、美味しい料理が出来る場合が多いですね。

最初、辛すぎてむせてしまいましたが、とても美味しく食べる事が出来ました。

最近、急に暑くなってきたせいでちょっと食欲がなかったのですが、この料理を食べたらけっこう元気になることが出来たような気がします。

食べ終わってから調べてみると、今回作った料理は夏バテの解消にとても良い料理だったっぽいです。

ゴーヤの健康効果

ベランダのゴーヤ
調べてみるとゴーヤには様々な健康効果があるそうです。
本当かどうかわかりませんが、ここでは全部書けないくらい、いろいろな健康効果があるすごい食材なのだそうです。

中でも、注目したいのは夏バテを防止する効果が期待できるということです。

ゴーヤには独特の苦味がありますが、その苦味成分は「モモルデシン」という名前なのだそうです。
この苦味は、苦手な人はすごく苦手だと思うのですが、モモルデシンには食欲を増進する作用があったりするそうです。
他にも、血糖値を下げる効果や、整腸作用があるそうです。

夏バテの時には、これらの効果は最適であるように思えますね。

それにゴーヤには疲労回復に効果のあるビタミンCが豊富に含まれているので、結果的にゴーヤを食べるのは夏バテの防止に効果のある食材であると言えるのです。

激辛ゴーヤ丼
今回作ったゴーヤ丼はご飯少なめで具が多めの丼ものになってしまいました。
前述したようにかなりの激辛な料理です。

辛い食べ物というのは、暑い夏に食べるには利点があります。

辛い食べ物を食べると汗が出ますよね。
あの汗が、すごく良いのだそうです。

発汗をすると一時的に体温が上がりますが、少しすると気化冷却作用によって結果的に体温が下がるので、涼しく感じたりできるのです。
辛いものを食べたあとは爽快な気分になることがありますが、これはそういうことだったのですね。

また、辛い食べ物には食欲を刺激する効果があるので、夏バテの解消にも効果があるそうです。

夏バテがひどくなると、食欲も出ないし、とにかく元気がなくなってしまうものです。
なので、夏を乗り切るために{辛味}+{}は理にかなっているのかもしれませんね。

豚肉とにんにくを炒める

にんにくも夏バテの解消にはとても良い食材なのだそうです。

にんにくに含まれているニオイ成分「アリシン」はそれ自体も身体に良いものなのですが、ビタミンB1を含む食材と一緒に食べるとビタミンB1を吸収しやすくなります。

ビタミンB1は疲労回復の効果があるそうなのですが、油に溶けやすい性質があります。
故に、豚肉とにんにくを材料とする、油をたくさん使う料理だとビタミンB1をさらに吸収しやすくなるようです。
今回使ったように豚肉とにんにくをたっぷりの油で炒めるような調理法は理にかなっているということですね。

さらに、辛味と、ゴーヤが組み合わさっているわけですから、もはや死角はないと言ってもよいでしょう。

{ゴーヤ}+{辛味}+{にんにく}+{豚肉}+{油}={夏バテ解消}
素晴らしい。

まとめ

なんとなく、夏バテに良いかもしれない、というような軽い気持ちで作ってみた料理でしたが、思った以上に夏バテ解消に効果がありそうな感じで驚いています。

暑い地域の食べ物には辛いものが多いですが、それにはちゃんと理由があるということなのですね。
また、ゴーヤも沖縄でよく食べられている食材ですから、やはり暑さを乗り越えるためには必要な食材だということでしょう。

余談ですが、僕の住んでいる山梨県ではゴーヤというものはあまり普及している気がしません。
スーパーとかに行っても、一本200円くらいしたりするので、気軽に買うことが出来る食材ではないですよね。

我が家は、うちの奥さんがゴーヤを育てているおかげで、毎日収穫できますが、山梨県ではあまり食べられている食材であるという感じがしないです。
僕が子供の頃とか、ゴーヤを食べた記憶が全く無いですからね。

でも、最近は異常気象なのか地球温暖化のせいなのかわかりませんが、山梨県の甲府盆地周辺は異常な暑さです。
沖縄に住んでいたこともある、うちの奥さんですら、あまりの暑さに参っている様子なので、よっぽどのことです。

なので、こんなに暑い場所だからこそゴーヤという夏バテに効く食材を流行らせるべきだと思うのですよね。
これは、もっと言うと日本中暑いので、日本中にゴーヤがもっと普及すれば良いと思うのですが、多分あの独特な苦味のせいで、流行ることはなさそうですよね。

でも慣れればおいしいし、ゴーヤは最近のマイブームなのでおいしさをもっと知ってもらいたいという気持ちもあります。

これだけ、いろいろな健康効果のある食材ですから、皆でたくさんゴーヤを食べましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です