【料理紹介】芽キャベツとアスパラのアンチョビパスタ、他

先週は料理当番でした。
作った料理で上手く出来たものはなるべく写真を撮るようにしているのですが、その中でも特においしそうに写真を撮れたものを紹介していきたいと思います。

芽キャベツとアスパラのアンチョビパスタ
芽キャベツとアスパラのアンチョビパスタ

休日にドライブに行った時に立ち寄った、農産物直売所で買った芽キャベツとアスパラを使ったアンチョビパスタです。
芽キャベツは半分にカットして、ゴロッとした食感が楽しく、おいしく出来たと思います。

アンチョビは油断して焦がしてしまうとおいしくなくなってしまいます。
火の通りにくい芽キャベツとアスパラを先に炒めて別皿によけてから、フライパンでにんにくとアンチョビをじっくり火にかけて、ソースを作ります。
そして、最後に作ったソースとパスタと芽キャベツとアスパラを混ぜあわせるのがおいしく作るコツです。

先週作った料理を紹介

中華

麻婆丼
麻婆丼

白菜や人参などの野菜と豚肉のこま切れ肉と豆腐で作った、麻婆丼です。
調味料は普通の麻婆豆腐を作るときと同じですが、食材は余り物を使って作りました。

花山椒を最後にふりかけたので、ビリビリ来る辛さがいいかんじです。

そうして出来上がった麻婆豆腐をご飯にぶっかけていただきました。

炒めもの

豚肉と野菜の塩昆布炒め
豚肉と野菜の塩昆布炒め

豚肉とキャベツと大根の葉と人参の炒めものです。
普通の野菜炒めですが、ちょっと一工夫で、最後に塩昆布を入れました。

味付けは塩昆布だけです。
和風のお手軽な炒めものですね。
塩昆布を入れるだけで旨味が出てほんのり甘い感じで、たいへん美味しくいただくことができました。

炒飯

そば飯
そば飯

うちは僕と奥さんの2人家族なので、3人前入っている焼きそばの袋だと1食分余ってしまいます。
そこで、焼きそば1人分と冷凍ご飯1人分を使ってそば飯を作ってみました。

人参とピーマンと玉ねぎのみじん切りと挽き肉を入れて作りました。
炒飯を作るのとおなじ感覚で材料を炒めて、タイミングをみて1〜2㎝ほどにカットしておいた焼きそばも途中で入れます。
もったいないので味付けは焼きそばのソースを使い、あらびき黒コショウを最後にふりかけて完成です。

初めて作ってみたのですが、意外とおいしく作ることが出来ました。

番外編

「いち」のうどん
いちの肉うどん

甲府にある手打ちうどんのお店である、「いち」で注文した肉うどんです。
これは自分で作った料理ではないのですが、せっかくなので紹介したいと思います。

「いち」は「吉田のうどん」という、非常に太くコシの強い麺が特徴の山梨県の郷土料理のお店です。
量が多く、安くて、とてもおいしい!という三拍子が揃っているので、ちょくちょくこのお店に夕飯を食べに訪れます。

どんぶりからあふれんばかりに山盛りに盛りつけておばちゃんが持ってきてくれるので、最初は驚くかもしれません。
と言うか溢れるのがデフォです。

テーブルに置いてある、練り唐辛子のような辛い調味料をたっぷり入れて食べると癖になります。

まとめ

おいしくそうな見た目の料理が出来上がると、嬉しくなって写真を撮るのも楽しくなります。

最後に番外編として、飲食店で食べた料理も載せてしまいましたが、外食した時の盛り付けは本当に勉強になりますね。
盛り付けやちょっとした色味にこだわるだけで料理の印象はガラッと変わります。

また次も、ブログに載せることができるように料理のバリエーションを増やしていきたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です