鶏肉のソテー 和風グレービーソース仕立て 胸肉をおいしく調理するコツ

鶏胸肉のソテー グレービーソース仕立て

今日のお昼ごはんに作った創作料理、名づけて「鶏肉のソテー 和風グレービーソース」が美味しかったので、作り方を紹介します。

↓使う食材

  • 鶏胸肉 1枚
  • にんにく 1かけ
  • ナンプラー 小さじ1くらい
  • サラダ油 適量
  • 酒 適量
  • 塩 適量
  • 醤油 適量
  • 酢 適量
  • 粗挽き黒コショウ 適量

二人分の材料です。
僕は、さっぱりしている鶏胸肉が好きなのでよく使うのですが、もも肉とかでも良いと思います。

鶏肉のソテー 和風グレービーソース仕立てのレシピ

調理手順

  1. 鶏胸肉を4等分に包丁で切る。
  2. にんにくをすりおろしたものと、ナンプラー、酒、塩、サラダ油、コショウをステンレスボウルに入れる。
  3. 鶏胸肉をステンレスボウルに入れてよく混ぜて、調味料などとなじませる。
  4. サラダ油をフライパンにしいて、鶏胸肉を両面よぉく焼く。
  5. 焼き色がついておいしそうにこんがり焼けた鶏胸肉をお皿に盛り付ける
  6. 使用後のフライパンに酒、醤油、酢をお好みの量入れて、火をつけて煮詰める。
  7. ある程度水分が飛んでソースっぽくなったら、お皿に盛りつけてある鶏胸肉にソースをかける。
  8. お好みでペッパーミルで粗挽き黒コショウをかけて、完成!

鶏胸肉をおいしく調理するコツ

鶏胸肉は、火が通りにくいお肉です。
切るときに、横方向に1回切って2等分して、小さくなって切りやすくなったら縦方向に薄くスライスするようにように切って、肉厚を薄くします。
そうすると、火が通りやすくなって調理時間を短縮できます。
また、鶏胸肉は調理するとパサパサしてしまうことがあるのですが、薄くすることと、最初にステンレスボウルに入れたサラダ油となじませることで、わりとジューシーな焼き上がりにすることが出来ます。
僕の13年ほどの料理歴からの経験から考えたコツなので根拠はないですが、おいしく出来上がります。

また、今回は使っていないですが、最初に料理酒に溶いた片栗粉を適量、鶏胸肉の表面によくなじませてから焼いたり炒めたりすると、胸肉なのにすご~くプリプリな料理が出来上がります。
これはお勧めです。

まとめ

にんにくと少量入れたナンプラーが食欲を刺激する良い香りのする料理です。
肉汁で作ったソースの濃厚な味と、鶏胸肉のさっぱりした食感がよく合います。
グレービーソースには酢が入っているので、ほんの少し酸味があって、それが肉料理のしつこさみたいなものを緩和してくれておいしいかったです。

グレービーソースはフライパンに残った肉汁を元に作ったソースのことを言います。
今回は醤油とかで作ったので、きっと和風グレービーソースと言って良いと思います。
フライパンに残ったおいしい肉汁は普段は捨ててしまうので、再利用できるのでエコ?な料理です。

創作料理がうまくいくと嬉しいものですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です