【ふりかけ】「わさふり むちゃ辛」がガツーンときたから特訓してみた

わさふり むちゃ辛

先日、ちょっとおもしろそうなふりかけを近所のスーパーで見つけたので、買ってみました。
はごろもフーズの「わさふり むちゃ辛」というふりかけです。

このはごろもフーズのわさびシリーズのふりかけは他にも何種類かあって「わさふり」「わさふり ゆず」「わさふり のり昆布」などが現在販売されているようです。

はごろもフーズ「わさふり むちゃ辛」

むちゃくちゃ辛そう

このふりかけ、「むちゃ辛」とかいう名称なのだからきっとむちゃくちゃ辛いに違いありません。
何しろ通常の「わさふり」には「ツーンとキク辛さ」と書いてあるのに対して、「わさふり むちゃ辛」は「ガツーンとキク辛さ」と書いてありますからね。
なんだか、パッケージに書いてあるキャッチフレーズに踊らされた感は否めないですが、期待が高まります。

それはもうガツーンとキクんでしょう。
色んな所に。

ご飯にふりかけて食す

早速、昨日の晩御飯でご飯にふりかけて食べてみることにしました。

わさふり むちゃ辛

せっかくなので、たっぷりとふりかけました。
ではいただきます。

・・・

ガツーンときました。

ものすごく鼻にツーンときますね。
舌に感じる辛さはわさびなのでそこまでではないですが、ものすごく鼻にガツーンときます。
やばい…調子に乗ってかけすぎたかも。

ちょっぴり反省しつつも、おいしく食べきることは出来ました。
でももうちょい少なめにふりかけたほうがいいかもしれないですね。

「わさふり むちゃ辛」は期待通りのガツーンとくるふりかけでした。

わさびを食べて特訓してみる

伊東家の食卓の裏ワザ

このふりかけ自体は非常においしくいただくことが出来て、それはそれで良かったのですが、なんというか最初はそこまでガツーンと来るとは思っていなくて、油断していました。

僕はいつもわさびがツーンと来る食べ物を食べるときは、昔「伊東家の食卓」というテレビ番組でやっていた「わさびがツーンと来ないようにする裏ワザ」を実践しています。
「伊東家の食卓」、懐かしいですね。
当時、この番組は大好きで毎週観ていました。

で、そのわさびがツーンとこないようにする裏技なのですが、どういうものなのかというと「食べるときに鼻から息を吸って口から吐く」というものです。
つまり、ツーンと来るのは鼻の部分にわさびの強烈な香りが触れてしまうことが原因だから、この呼吸法を使うことによって鼻にわさびのツーンが行かないようにするというものです。
鼻から空気を吸い込んで口からそれを吐けば、鼻の部分には常に外の新鮮な空気だけが入り込むことになるというわけです。

この裏技を考えた人は本当にすごいと思います。

もちろん限度はありますが、この呼吸法を使えば大抵のわさび料理は普通に鼻にツーンと来て苦しむことなく食べることが出来ます。

でも、「わさふり むちゃ辛」をご飯にふりかけて食べた時は油断していて、最初の一口目では全くその呼吸法を使わなかったので、かなり大変なことになりました。

練りワサビで特訓してみる

しばらくわさび系の辛いものを食べていなかったので、身体がなまってしまっていたのかもしれません。
やばいと感じたらすぐに身体が反応して、呼吸の仕方を変えることができるような機転がきくようにならないと、この厳しい時代では生きていくことは出来ません。

そこで、少しばかり特訓をしてみることにしました。
練りわさび
使うのは、冷蔵庫にあったチューブ入りの練りワサビです。

これを「呼吸法」を強く意識しながら食べてみたいと思います。
練りわさび
皿の中央にわさびだけぽつんとある図はなんだかシュールな感じですね。

ではいただきます。
練りわさび

・・・スゥ〜ハァ〜スゥ〜ハァ〜

大丈夫ですね。
ほとんどツーンときません。

練りワサビを単体で味わうなんて行為は普通しないので、これはこれで貴重な体験かもしれません。
やっぱりわさびは舌に感じる辛さは殆ど無いのですね。
鼻にツーンと来るのを抑えることさえできれば意外とたくさん食べることが出来そうです。

でもなんだか、このわさびおいしくないですね・・
なんというか古い味というか、変な風味がします。
えぐ味みたいなものも感じます。

わさび古かった

なんかおかしいぞ、と思ってわさびのチューブをよく見てみました。
賞味期限切れてた
「2014.5.24」

え〜と今日は2014年6月14日だから…

・・・!

賞味期限切れてた。
道理でなんだか味がおかしいと思いました。

ちょっと…いや、かなり具合が悪くなってきた気がします。
この後、いくら水を飲んでも、不快な後味が消えないです。
ずっと喉の奥がイガイガしている感じです。

冷蔵庫に眠っているものを食べるときは賞味期限をよく確認してからにすることをかたく誓いました。

まとめ

最後、いろいろ反省することになりましたが、やはり伊東家の食卓で学んだ呼吸法はわさびのツーンを抑えることができるようです。
わさびをそのままは箸で掴んで食べても問題なかったです。
賞味期限以外はね…

さて、話がそれましたが「わさふり むちゃ辛」はなかなかガツーンとキク辛さだったのが、個人的には気に入りました。
わさびの風味も感じることができておいしいです。
でも、やっぱり相当な刺激が鼻に来るので、ご飯にふりかけるときは少量の方が良さそうです。

個人的には、近所のスーパーには置いてなかったのですが、このシリーズの「わさふり ゆず」「わさふり のり昆布」とかも見かけたら、買って試してみたいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です