六本木ヒルズに行くついでに寄ることができる本当に美味しいつけ麺屋

一昨日、東京へ行った時にお昼を食べるために、つけめんTETSU 六本木ヒルズ店に立ち寄りました。
TETSU 六本木ヒルズ店

つけめんTETSUは、いまさら語る必要も無いほどに有名なつけめん専門店です。
本店は最寄り駅の千駄木や西日暮里から少し歩いたところにあります。
けして、アクセスが良いとは言えないのですが、常に行列の絶えない人気店です。

千駄木の本店には、東京に住んでいた当時、住んでいた家や勤務先が近かったという経緯もあって、ちょくちょく通っていました。

今回、訪れたつけめんTETSU六本木ヒルズ店には2回めの訪問です。

つけめんTETSU 六本木ヒルズ店に行ってきました

あつもり

平日の1時くらいに到着したおかげか、幸運な事に並ばずにすぐに入店することが出来ました。
店の外にある券売機で注文したのは「あつもり」の大盛りです。
大盛りの麺の量は300gです。
ダイエット中ですがそんなことはいいのです。

通常、つけめんを注文すると麺は冷たい状態で出てきます。
もちろんそれはそれで冷たい水でぎゅっと締まった麺はおいしいのですが、あつもりというのは麺が温かい状態で出してくれます。
そのおかげで、スープを冷やさないで食べることが出来ます。
TETSU六本木ヒルズ店 つけめん
席に座ってから、5分後くらいに店員さんが「あつもり」を持ってきてくれました。
TETSUのあつもりは温かいだし汁に入れて、どんぶりで出してくれるので、最後まで温かい麺のまま味わうことが出来ます。

いただきます。

麺がいい!

スープは、いわゆる「魚粉」の入ったとんこつスープです。
魚介とんこつというのでしょうか。
つけめんのスープの定番ですよね。
TETSUのスープの味は多少の酸味は感じるのですが、甘くないのがすごく好みです。
かなり濃厚なとんこつのスープですが、つけめんのスープにありがちな「しょっぱい!」という感じではないので、最後まで飽きずに食べきることが出来ます。
すごく、計算され尽くした味のバランスだと思います。

TETSU 六本木ヒルズ店 つけめん
つけめんTETSUで個人的に一番好きなのが、麺です。
かなり歯ごたえのある極太の麺です。
つけ汁にしっかり絡めて、箸で口まで持って行きズズズッと思い切り吸い込み、ワシワシと食べるのです。

麺がうまいラーメン屋さんはうまい!と僕の中では勝手に思っています。
つけめんTETSUは他に三鷹店にも行ったことがありますが、そこも麺が美味しかったです。
TETSU六本木ヒルズ店  つけめん

焼石

つけめんTETSUで特徴的なのが、「焼石」です。

食べ終わったら、テーブルに置いてあるポットのだし汁をスープにいれて「スープ割り」を飲むことが出来ますが、食べ終わる頃には、あつもりを頼んだとしても、スープが冷えている場合が多いです。
そこで、店員さんにお願いすると、焼石を持ってきてくれて、自分でステンレス製のレンゲに焼石を乗せてそのままスープに入れるのです。
すると、スープがジョワーッと言うすごい音を立てて沸騰して、最後にアツアツのスープ割りを飲むことができるというわけです。

今回、僕は麺を大盛りにしてしまったこともあって、スープを飲む余裕がなかったので、「焼石」は頼みませんでした。
う~ん、こうしてブログに書いているのだから、注文して写真を撮っておけば良かったですね。
反省です。

まとめ

つけめんTETSUは僕の最も好きなお店の一つです。
今のところ何処の店舗に行っても外れがありません。

かつては、千駄木の本店しかなかったのに、今ではかなり数が増えて、TETSUを味わう機会が増えたのは嬉しい事です。
店舗が増えると、商品の質が低下してしまうことがしばしばあるのですが、しっかりと「TETSU」というブランドを守ることができているのはすごいことだと思います。

大盛りを食べたので食べ終わる頃にはもう何も入らないくらいお腹いっぱいでした。
ごちそうさまでした。


大きな地図で見る

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です