オイルサーディンは家に常備しておけば、いざというときに使える食材

オイルサーディン丼とスープ
まだまだ引っ越しの片付けや、その他の用事などが多くて、落ち着きの無い生活を送っております。

そんな忙しい中であるにもかかわらず、うちの奥さんが「簡単料理だけど・・・」と言いつつ、オイルサーディン丼を作ってくれました。
この料理は、うちの奥さんがたま〜に作ってくれる料理なのですが、とっても美味しいんですよ。

本人曰く「時間のないとき用の料理」なのだそうですが、とてもそうは思えません。
味が美味しいのはもちろんですが、見た目が非常におしゃれなんですよね。

「オイルサーディン」という食材は、僕はあまり調理をしたことがないのですが、缶詰の食材で保存がききます。
したがって、常に家に一缶置いておけば、いざというときにいろいろと使えるかもしれません。

うちの妻が作ってくれる「オイルサーディン丼」はおしゃれ感が半端ない

オイルサーディン丼
このオイルサーディン丼、すごいですよね。
おしゃれ感が半端ない料理となっております。

盛り付けの美しさのセンスが光っています。
僕にはこういう盛り付けのセンスはないかな〜。

非常に細かいチャイブとかが散らしてあるのもGOODです。

常備しておく

我が家には、常に食料置き場においてある食材というものがあって、オイルサーディンもその1つです。
スーパーとかで買うと、ちょっとお高いのが難点ですけどね。

でも、これを一缶メインの食材として使って料理を作って、もう1品野菜のスープでも作れば、それだけで二人分の食事を用意することができるのです。

それにオイルサーディンは魚系の缶詰の中でも、料理の応用が効くのが良いところですね。
「丼もの」はもちろんのこと、他の食材と一緒に炒めたり蒸したり焼いたりとかいろいろ出来ます。

これは例えば、「鯖の缶詰」とかだと、かなり濃い目の和風の味付けがされていたりするので、そうはいかないのです。

オイルサーディンは割りとプレーンな味付けの缶詰です。
だから、常備しておくと「もう料理の時間がないよ!」とか「家に何も食材がないよ!」とかいろんなものが無い時にもいろいろ作れるので、非常に便利なんですよね。

まとめ

オイルサーディン丼は我が家の定番メニューの1つではあるのですが、どちらかと言うと作るのが簡単な部類に入るのだそうです。
言ってしまえば、手抜きをしたいときに登場する料理なのですが、うちの奥さんが作るととてもそうは思えないようなおしゃれ料理が出てくるので不思議です。

家に常備してある食材って、その家によって違うと思うのですが、我が家の場合はそれがオイルサーディンだということです。
他には缶詰系の食材で常に家に置いておきたいのは、アンチョビとかホールトマト缶ですね。
これらも応用が効くというか、いろいろと使える食材なのですよね。

芽キャベツのアンチョビパスタ
ちなみに僕の場合、手抜きしたい時の料理の定番はアンチョビパスタだったりします。
これ、意外に簡単に作れるのですよ。
味も美味しいし、キャベツとかの野菜も山ほど食べることができるのでお勧めです。

家に自分の(手抜きでも作れる簡単な)得意料理用の、缶詰系の食材を置いておくと非常に便利ですよ。

引っ越し直後ということもあって、最近はまだまだ生活が落ち着いていないのもあって、外食が多いです。
外食が続くと胃が疲れてきてしますよね。
そして、何よりも外食だと、どうしても自炊よりもお金もかかってしまうのが難点です。
僕もそろそろ料理をガッツリと再開して、節約生活をしたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です