【日暮里】「ぶらり」の辛鶏白湯らーめんが激辛おいしい件について

ぶらり 鶏辛白湯
日暮里にある、『ぶらり』というラーメン屋に行ってきました。

スープに『鶏』を使ったラーメンを食べることができるラーメン屋です。
鶏系のだしを使用したラーメン屋さんって、数は少ないのですけれども、すっごく美味しいので好きなのです。

このラーメン屋、大学時代は大学が近かったということもあり、頻繁に利用していました。
最近は、あまり訪問する機会がなかったのですが、昨日ちょうど近くを通りかかったので、久しぶりに行ってみることにしたのでした。

『ぶらり』には基本的なメニューとしてあっさり系の「鶏そば」と、濃厚なコクを味わうことができる「鶏白湯(パイタン)らーめん」があります。
どちらも美味しいのですが、特にオススメなのは『辛鶏白湯らーめん』です。

「辛鶏白湯らーめん」は、通常の鶏白湯らーめんに辛い味付けしてある鶏肉が入っているものです。

非常に辛いので、辛い食べ物が苦手な人には絶対にオススメは出来ないラーメンですが、個人的にはこのお店ではこれが一番好きですね〜
というわけで、早速、日暮里の鶏のラーメン屋「ぶらり」について書いていくことにします。

おいしい鶏ラーメンを食べることができるお店

ぶらり
鶏を使ったスープは、管理が難しいと聞いた事があります。
特に鶏白湯スープは豚骨スープに比べて、鮮度が落ちやすいので、常においしいものスープを提供するのは難しいそうです。

以前、経験したこともあるのですが、ビミョ~な鶏ラーメン屋さんに行ってしまうと、スープに独特な臭みを感じたりすることもあるのです。

でも、この「ぶらり」のラーメンは今のところ、いつ行っても美味しいですね。
味に安定感があるように思っておりますよ。

路地を入ったところにある

「ぶらり」はJR山手線日暮里駅のすぐそばにあります。
日暮里と言うと、「布の街」ということで有名ですよね。

ぶらりがあるのは、布を専門に扱っているお店が立ち並んでいる場所から少し外れた場所です。
駅から出てきて、階段を降りて、右手の方向に歩いて行くと3分ほどで到着します。

看板が出ているので、わかりやすいとは思うのですが、路地を入った、ちょっと奥まった場所にあるので、初めてだとわかりにくいかもしれません。
ぶらり
たぬきがお出迎えしてくれます。
ぶらり 営業時間

5月(今月)から日曜日が定休日になったそうです。
これ、まだ最近のこと過ぎて、これを書いている2015年5月24日現在、某大手グルメサイトなどの情報には反映されていないので、注意が必要です。

土曜日と祝日はお昼休憩なしで営業しているそうです。

ちなみにこのお店、夜は2階部分が「のみ屋」になります。
1階部分では、2階がやっている間もラーメンを食べることができるし、(現在でも変わっていなければ)注文すれば2階でのんでいる時も1階からラーメンを持ってきてくれます。
夜間営業の2階部分も非常に良い雰囲気のお店でございますよ〜

人気店なので並ぶよ

ぶらりは人気店なので、ピーク時に行くと並ぶことになる場合が多いです。
今回はちょっと遅目のお昼ごはんということで、2時半くらいの訪問だったので5分ほど待って、すぐに席に案内してもらう事が出来ました。
表には人がいませんでしたが、この日も店内は満席状態でしたね。

鶏餃子

さて、注文した内容ですが、大好きな「辛鶏白湯らーめん」と「鶏餃子」をお願いしました。
ぶらり 鶏餃子
鶏餃子はその名の通りに、鶏を使っている餃子ですね。

餃子の皮は少し厚めでモチモチした食感が美味しいです。
鶏を使った餡が入っているので、普通の餃子とは味が違います。
「おもしろい味!」と感じるかも知れません。

ところで、以前は「紫蘇(しそ)」を使った餃子がメニューにあって、これもすごく好きだったのですが、券売機に見当たりませんでした。
餃子にまるごと一枚の紫蘇が挟んであって、香りが良くて非常にいい感じなのですよ。

見落としただけかもしれないですけど、無くなっちゃったのかなぁ・・・

ちょっと残念!

辛鶏白湯らーめん

餃子をむしゃむしゃと食べていると、ラーメンが運ばれてきました。

ぶらり 鶏辛白湯
こちらが「辛鶏白湯らーめん」です。

辛くない、通常の「鶏白湯らーめん」には鶏のチャーシューが入ってくるのですが、こちらにはその代わりにから〜い豆板醤のような味噌に漬けられている鶏肉が入ってきます。
唐揚げに使うような、けっこう大きめの鶏肉なので、十分チャーシューの代わりになりますね。

チャーシューは、食べたければトッピングとして注文すれば入れてくれますよ。

それと、どんぶりの手前側にある緑色の物体は「山クラゲ」という食べ物です。
これ、非常にコリコリしていて、このラーメンにとってもよく合うのですよ〜

ぶらり 鶏辛白湯
スープは非常に濃厚まろやかな鶏の白湯スープです。
まったりとしていながらも、臭みはほとんど感じられないスープなので非常に美味しいのですよね。

食べ進めていくと、スープと「辛味」とが、いい感じに混ざってきて、いい感じに美味しくなってきちゃうというわけなのです。
このスープと、この辛味は非常に相性が良いと思うのですよね。

ただし、激辛なので、辛いのが苦手な人はやめといた方が良いです。

それと、その日の気分なのか作る人が違うのか何なのかわかりませんが、訪問する日によって辛さが強い時と弱い時があるような・・・
今回はそこまでの激辛ではなかったですが、すっごく激辛な日もあるので、覚悟した方が良いですよ。

麺がうまい

ぶらり 鶏辛白湯
スープが美味しい!と言う話をこれまでしてきたわけなのですが、「ぶらり」は麺も美味しいです。

けっこう硬めの麺の茹で加減で、すっごくいい感じなのですよね。
ワシワシとした歯ごたえを楽しむと言うよりは、「プツップツッ」と切れるような感じの歯ごたえが好みです。

中太のちょっと平べったいストレートな麺でありながらも、非常に軽快な食感の麺です。

やっぱり、麺が美味しいラーメンにはハズレはありませんね〜

まとめ

日暮里の鶏そばのお店「ぶらり」に久しぶりに行ってみました。
相変わらず美味しい「辛鶏白湯らーめん」と「餃子」を食す事ができて満足です。

そういえば、ここって「つけ麺」もメニューにあるのですが、あまり食べた記憶がありません。
今度チャレンジしてみようかな・・・

日曜日が定休日になってしまったので、わざわざ日暮里までここのラーメンを食べに行こう!と言う人は注意してくださいね。

コメント

  1. いなもとプリン より:

    こんばんは。

    実は私、外食でラーメンをほとんど食べません。
    2年か3年に1回くらいの頻度で行くことはあります。
    といいつつも、先月に食べに行っているんです(笑)

    とびうおで取ったアゴだしがベースでコクがあるのですが
    あと味がさっぱりしているスープで「なにこれ!凄い!!」
    麺もちじれ麺で弾力があり食べ応え抜群。さらに驚きなのが
    650円というお手頃価格。もっとお支払いしましょうかと
    心の中でつぶやいておりました。

    この「辛鶏白湯らーめん」もとても美味しそうですね。
    白髪ネギがシャキシャキとした食感と辛い濃くのあるスープの
    相性が良さそうと思いました。
    これから暑い季節に食べたくなってきますね。

    このような美味しそうなラーメンを見ると
    私がラメーンを食べるサイクルがオリンピック周期だったのが
    少年ジャンプ周期になってしまいそうな予感がしてきました。

    • Miki より:

      >いなもとプリンさん

      どうも〜コメントの返信、ちょっと遅くなってしまってすいません。

      「ぶらり」のラーメンは好きで、学生時代には頻繁に行っていました。
      もしも、あっさり系のラーメンがお好きなら鶏白湯ではなく「鶏そば」もオススメかもです。
      醤油ベースの鳥スープっていう感じで、あっさりしていて美味しいですよ。
      もしもお近くまで行くことがあったら、寄ってみてくださいね☆

      週に1回くらい、美味しいお店に食べに行けたらきっと楽しいですね〜
      ラーメンって人によって好みがぜんぜん違うから、なかなか「ここだ!」と言うお店を紹介しにくいのが難しいところです。
      僕、ラーメンは「都会の食べ物」だと勝手に考えているものですから、都心部に住んでいないと、楽しみにくいというのもあります。

      とびうおアゴだしベースのスープ、うまそうですね!
      ラーメンだと、とんこつとかみたいな濃厚なスープ系を食べに行くことが多いので、そういう系統のラーメンはノーマークでした。
      今度何か探して食べに行ってみますね☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です