【GRで撮る】料理の写真がよだれが出そうなくらい美味しそう

定食

リコーの「」で料理の写真を撮ると、非常に美味しそうに撮れます。
最近、5KディスプレイのiMacを手に入れて使っているのですが、このカメラで撮った料理の写真をディスプレイに映しだして見てみると、本当によだれが出てきます。

このカメラはダイエットの敵ですよ。

去年もいろんな場所に食べ物を食べに行きました。
GRは筐体がコンパクトで、シャッターを切っても一眼レフのような「ガシャコン!」という大きな音はしないので、どこかのレストランなどで料理の写真を撮るときも目立ちにくいのが良い所です。
料理を撮るという意味では非常によく出来たカメラだと思います。

「RICOH GR」で撮った料理の写真

麺類の写真

無敵家 本丸麺
まずはラーメンの写真です。
ラーメン、好きなのでよく食べに行きます。
これは池袋の「無敵家」のラーメンです。
無敵家 本丸麺
いわゆる「箸上げ」と呼ばれるタイプの写真も、無理なく撮影することが可能です。
GRはコンパクトデジカメなので、片手だけでの撮影も問題ありません。

無敵家 本丸麺

ラーメン食べたいです。

屯ちん 魚とん麺特入り

これは池袋の「屯ちん」の「魚とん麺特入り」です。
このお店は東京に住んでいた頃から大好きで、近くまで行くと、必ずと言って良いほど立ち寄ります。

博多一風堂 からか麺
一風堂のからか麺です。
博多一風堂 からか麺
バリカタが好みです。
つけ麺
もちろんつけ麺もいい感じに撮れます。
ただし、つけ麺はスープと麺が別になっているので、構図が非常に難しいです。

つけ麺

肉そば
蕎麦も美味しそうです。
蕎麦
この写真は長野県のお蕎麦屋さんの蕎麦です。
夜の訪問だったせいで、かなり暗い店内だったのですが、なんとか撮ることが出来ました。
高感度の撮影のために、ノイズが気になるところです。
しかし、このくらいならば、個人的には許容範囲です。

轟家 おろしそばこれは山梨の昇仙峡の近くにある蕎麦屋のおろしそばです。
ねずみ大根のおろしが中央に乗っています。
これが、非常に辛くて、まさに大人の食べ物です。
轟家 おろしそば


轟家 おろしそば
たけ川 うどん 肉うどん
最近は、山梨県のソウルフードである「吉田のうどん」をよく食べに行きます。
うどんもGRならば美味しそうに撮れます。
たけ川 うどん 肉うどん
たけ川 うどん 肉うどん
太くてもちもちした食感の独特の麺が吉田のうどんの特徴です。

田舎汁うどん
こちらは近所にある、武蔵野うどんのお店です。
ここのうどんもすごく美味しんですよ。
田舎汁うどん
田舎汁うどん
田舎汁うどん
不動のほうとう
山梨県のもう一つのソウルフード「ほうとう」です。
ほうとうを山梨県で食べるときは、河口湖周辺の「不動」というお店がお勧めです。

中華料理

麻婆豆腐
中華料理、美味しいので好きです。
中華は自分で作るのもけっこう得意なのですが、やはり火力が違うからでしょうか、お店で食べるとものすごく美味しい気がします。
角煮丼角煮丼です。

チンジャオロース
チンジャオロースです。
このお店は夕飯を食べに行くと、写真を撮るにはちょっと暗いですが、すごく美味しそうに撮影出来ています。

野菜炒め定食
野菜炒めのシャキシャキ感が伝わりますでしょうか?
写真の通りに、すごく美味しい野菜炒めなんですよ。

肉料理

豚のしょうが焼き
豚肉の生姜焼きです。
ジューシーな雰囲気がよく再現出来ている写真です。
大戸屋 香味唐揚げ定食
大戸屋 香味唐揚げ定食
唐揚げのカリッと感がいい感じです。
鶏肉のおすすめランチ 
鶏肉の(半)丸焼きのランチです。
最近行った、スキー場のレストランの食事です。

焼き肉
焼き肉(焼く前)です。
GRならばたとえそれが生肉でも関係ありません。
焼く前から十分美味しそうです。
豚トロ
関係無いですが焼き肉だと豚トロが好きです。

ご飯物

ネギトロ巻き
白いごはんは白い部分の色が飛びやすいので、コンパクトデジカメだと難しいモチーフです。
でも、GRならば問題なく撮影することができます。
ミニめんたいこご飯
一風堂のミニ明太子ご飯です。

炊き込みご飯
炊き込みご飯も美味しそうです。
炒飯
炒飯、食欲をそそりますよね。
千とせ 肉吸い
卵かけごはんも魅力的です。
これは、大阪の「ちとせ」というお店で食べた「肉吸い」についてくる卵かけごはん(小玉)です。

千とせ 肉吸い千とせ 肉吸い
肉吸いとは、肉うどんのうどんを抜いて、肉だけにした料理です。
大阪の名物グルメの1つです。

丼もの

豚肉丼
豚肉丼です。
豚バラ肉の質感がリアルです。
大戸屋 カツ丼
これ、確か大戸屋のカツ丼です。
卵のたっぷり感が、とってもジューシーです。
ステーキ丼
甲府にある焼肉店のランチ限定のステーキ丼です。
昼は遠くまで行けないので、滅多に食べることができないのですが、本当に美味しいです。

うな重
うな重
うな重もいい感じですよね。

パン系

2014年八ヶ岳クラフト市 天然酵母のパンパンもこのカメラならば美味しそうに撮れます。
2014年八ヶ岳クラフト市 アンパン買った
これ、確か中身はアンパンだった気がします。

モスバーガー
モスのとんかつバーガーです。
ハンバーガー系も何気なく撮っただけなのにいい感じです。
サンドイッチ
ホットドック

寿司

いくらとサーモンの軍艦
いくらの透明感とつぶつぶ感が宝石のようです。
美味しそうというよりか美しいです。

寿司を美味しそうに撮影するのは本来であれば難しいはずなのですが、このカメラで撮ると問題なく撮ることができます。
トロづくし
適当に撮ってもいい感じにとれちゃうのが、このカメラの魅力ですよね。
刺身盛り
刺身盛りも美味しそうです。
ネギトロ巻き
これ、近所のスーパーの惣菜コーナーで買ってきた何の変哲もないネギトロ巻きなのですが、なぜかものすごく美味しそうです。
いや、実際においしかったのですが、GRで撮るともっと高そうな寿司に見えてくる気がします。

まとめ

ずいぶんと写真が大量になってしまいましたが、GRで今までに撮った料理の写真のまとめでした。

このカメラの良い所は、画質の良さもあるのですがコンパクトで気軽に使用することができるという点ですね。

特に飲食店では、カメラで運ばれてきた料理の写真を撮っていると周囲から良い目で見てもらえません。
僕は小心者なので、そういうところが非常に気になってしまいます。
故に、料理の写真を撮るときは目立たずに素早く任務を遂行する必要があります。

そんなときにこのカメラならば、コンパクトデジカメであるという事を活かして、サッと撮ってササッとカメラを懐にしまうことができます。
一眼レフと同じくらいの画質とコンパクトさを兼ね備えているGRは飲食店で料理を撮るのに向いているカメラと言うことができます。

こんなブログを書いていたらお腹がすいてきました。
深夜にこれを読んでくれた人がいたらすみませんでした。

「RICOH GR」に関連する記事のまとめ
ここ最近は連続して、リコーの高級コンパクトデジカメである「GR」に関連する記事を書いてきました。 いろんなシチュエーションで撮影し...

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です