初心者がWordPressの引っ越しをするにはXMLファイルを使う方法が簡単で良い

アジサイ

昨日、丸一日かけてサーバーの移転作業をして、無事に作業が完了しました。
多分、これで大丈夫なはず…

なにぶんウェブ関係のことに関しては素人なので、これで合っているのかよくわかりません。
今のところは、ほとんど引越し前と同じ状態になっているかと思います。

しかし、このブログのように、WordPressを使って構築しているサイトの引っ越しがこんなに面倒くさいとは思いませんでした。

いろいろ苦労しましたが、やり方を書いてくれている方のブログを参考にしたりして、何とか完了することが出来ました。

今回はロリポップからエックスサーバーへの引っ越しでした。
その理由は前回の記事に書いたとおりなのですが・・・いろいろあったからなんです。

【ロリポップ→エックスサーバー】レンタルサーバーを移転しようかと思っています

そのおかげで、気になっていたサイトの表示速度もかなり向上したように感じています。

【ロリポップ→エックスサーバー】WordPressを使っているブログのサーバー移転作業はすごく大変

WordPressの引っ越しには方法が2つある

そもそも僕はWordPressというものの仕組みをいまだによく理解していなかったりするのですが、WordPressを動作させるためにはそのサーバーにあるファイルだけでは駄目で、それ以外にデータベースというものが必要なのだそうです。

WordPressはその辺の理解が難しく、専門的な知識がかなり必要になるのが、僕のような素人にはネックになる部分ではあります。
ブログを構築したり更新していく上では便利で多機能なのは良いことなのですが…

実際に昨日、移転作業をしてみたわけなのですが、WordPressを使っているブログのサーバーの引っ越しのためには大きく分けて2つの方法があります。

  1. データベースとファイルをそっくりそのまま移す
  2. XMLファイルをエクスポートしてインポートする

引っ越しをする場合はこのどちらかの方法を使う必要があります。

僕はサーバーの引っ越しをしようと決めた、一昨日の時点ではこの2つの方法があるということもよくわかっていませんでした。
全くのゼロの状態からのスタートだったために、いろいろ調べたり勉強するために、かなりの時間を費やしてしまいました。

XMLファイルをインポート

結果から言うと僕は②のXMLファイルを使う方法で引っ越しを行いました。

その際は下記のブログに書かれていた内容がすごく参考になりました。

WEBマスターの手帳 ブログのロリポップからXサーバーへの移行を1日で終わらせた方法。

最初、僕は①のデータベースをそのまま移す方法でやろうとしたのですが、途中でよくわからなくなって挫折してしまいました。

この方法ならば全てをそっくりそのまま引っ越すことができるので、上手くデータを移すことができれば、移転するとすぐに前と同じ状態でWordPressを使いはじめることができるみたいです。
でも、この方法は僕にはちょっと難しすぎました。
ただ単にデータをコピーすれば良いだけではなくて、移転先のサーバーの情報に合った内容にいろんなファイルを書き換えたりとかが非常に複雑で、慣れた人でないとかなり難しい作業を強いられる事になります。

その点、②のXMLファイルを使った方法は初心者やWordPressに対しての理解が浅い人でも、比較的何とか出来る可能性がある方法だと思います。
その代わり、テーマとかプラグインとかその他の設定などは一から設定し直す必要があるのですが、このブログのように半年ちょっとくらいしか運営していないブログなら、それらの設定をやり直すことはそんなに難しいことではありませんでした。

それでも、途中でいろいろよくわからないことがあって、つまづいたりもしたのですが、何とか作業を完了することが出来ました。

エックスサーバーに移転した場合だけなのか、僕だけなのかよくわからないですが、ブログの記事に貼ってある画像のURLがエックスサーバーが発行してくれる動作確認用URLというものに置き換わってしまったのを修正しなくてはならなかったことが、ちょっと難しかったです。
それを修正するためには「Search Regax」という便利なプラグインがあって、それを使って何とかなりました。

②のXMLファイルを使う方法は画像のパスが変わってしまうのがちょっと難点ですが、それ以外はわりと簡単に作業を進めることが出来ました。

どちらの方法を使うにしても、引っ越しはブログやホームページでも、はたまた自分の住んでいる家でも大変なものです。
すごく勉強になった一日でした。

丸一日かかった

ちなみに僕はもうひとつ、自分の作品とかを載せているホームページを持っていて、そのサイトもついでにロリポップからエックスサーバーに移しました。
そのサイトはWordPressを使っていない、昔ながらの作りのサイトだったおかげで、すごくスムーズに作業を終えることが出来ました。
ファイルをFTPソフトを使ってコピペしてネームサーバーを書き換えるだけの簡単なお仕事でした。

それでも、メールの設定をしなおしたりとか色々していたら、やはりそこそこの時間は必要でしたけどね。

サーバーの移転はどんなに慣れていてもある程度の時間は必要です。
データのダウンロードやアップロードもデータ量が大きくなればなるほど、時間がかかります。

そしてそれが、WordPressを使ったサイトの引っ越しであったり、ましてや慣れていない人にとっては相当大変な作業になってしまうはずです。

移転した効果

エックスサーバーに変更した効果として、今の時点で実感できるのはページの表示速度です。
明らかにスピードが早くなりました。

ロリポップを使っていた頃は、ブログが表示されるのにかなりの長い時間がかかっていたのが悩みでしたが、これでその悩みからは開放されたのではないかと思います。

このブログを始めた当初は、サーバーの良し悪しなんてことは全くわかっていなかったのですが、やはりそこそこの投資は必要なのだなあと実感しました。

別にロリポップが悪いと言うわけではありません。
利用料金も安くてお手軽なので、初めてサイトを作る人にとってロリポップはすごく良い選択の一つだと思います。
しかし、ブログを見に来てくれる人が増えてくるとどうしても、スペックの低いサーバーだとサイトが重くなってしまいます。

それならば、引っ越しの手間を考えるのならば最初からエックスサーバーとかにしておけば良いではないか、ということになります。

でも、そもそも自分のブログにそんなに人がたくさん来るかも分からないし、途中で飽きて更新をやめてしまうかもしれません。
僕もこのブログを始める前はそういう気持ちで、とりあえず安くて評判の良さそうなロリポップを選んでしまったというわけです。

つまり、結局は最初はロリポップなどの安いレンタルサーバーを借りるしかないということになりますよね。
でも、引っ越しはすごく大変なものです。

う〜ん悩みどころです。

まとめ

レンタルサーバーの引っ越しはかなり大変でしたが、そのおかげでたくさん調べものをしたおかげで、すごく勉強になった部分もありました。
なので、結果的には良かったのかなと思います。

実は、昨日は引っ越しに手間取ったのと、作業が完了してもすぐにはサーバーが切り替わらないせいもあって、ブログの更新が出来ませんでした。

このブログを始めた去年の12月からずっと毎日更新を続けていたのですが、半年とちょっと過ぎた昨日、ついにその記録が途絶えてしまいました。

まあ、仕方ないかなと思うのですが、少しだけ残念ではあります。

気を取り直して、新しいサーバーでがんばって更新を続けていきたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です