ブログは書きたいときに書くのが、ある意味最も効率が良いかもしれない

ドウダンツツジ

このブログ「アートなモノ」は数ヶ月前までは「毎日更新」を目標にして、書き続けてきました。
それはそれで、僕にとって非常に良い経験となったし、いろんな意味で良いこともありました。

しかし、「最近は一日もかかさずにブログを書く」ということにこだわりすぎる必要もないのかなあと、思うようになりました。

というのも、ブログを書きたくない時に、無理に書こうとしても無駄に時間がかかってしまって、結局のところ時間が無駄になっているような気がしたからです。

したがって、現在は更新できない時はしないし、更新できるときは1日に2つくらい一気に記事をアップしたりしています。

ブログの毎日更新にこだわりすぎるのも良くないと思う

毎日更新は大変

ブログの毎日更新というのは、非常に大変な作業です。
専業のブロガーさんならばともかく、他にいろいろとやらなければならないことがある人にとっては、それはかなりの気合が必要な作業となってきます。

「写真をひとつ載せて数行の文章だけ書く」というような、Twitterにでも載せれそうな内容ならば、予約投稿などを駆使して簡単に毎日更新を達成することは可能です。

しかし、ある程度の情報量を持たせたい場合は話が別です。
1つのブログ記事に多くの時間をかけたいのならば、まとまった時間が必要です。

僕の場合は先日までの忙しさのおかげで、毎日更新が途絶えてしまいました。
これは、僕の「頑張りが足りない」と言われたらそれまでです。
でも逆に、もうここまで頑張ったのならばもういいかなと考えるようにして、毎日更新にこだわりすぎるのはやめることにしました。

書きたいときに書くのが効率が良い

結局のところ、ブログというものは趣味の延長線上にあるものです。
故に、書きたいときに書くのが一番なのだと思います。

本人のやる気があって、気分が乗っている時でないと、キーボードに向かっていても、なかなか作業が進まないものです。
気分的にダメなときに書こうと思っても、結局のところ、時間を浪費するだけで作業がはかどりません。
すごく非効率的です。

でも、気分的に盛り上がっている時ならば、文章もスラスラと出てくるし、内容的にも楽しさが伝わりやすいものになるはずです。

だから、ブログの更新と言うのは、できるだけやる気のあるときにだけ、やれるのがベストなのだと思うのです。
線路のある風景
けれども、「毎日更新」にこだわっている場合は話が別です。
書きたくない時にでも、ブログを書かなくてはなりません。

そういう時は、忙しくなる前に書き溜めておいて、予約投稿機能を利用して何とかする場合が多いと思います。
でも、そういうのって個人的には気分が盛り上がりにくいのですよ。
書いた記事はすぐに投稿したいのです。

だからと言って、忙しい日の夜などに遅い時間から書き始めてしまったりすると、ますます最悪です。
人間というものは疲れていると、ますます「やる気」というものが削がれてしまうものです。
無理して、睡眠時間と体力を削ってまで、頑張ると本当に悪循環です。

毎日更新は良いもの

ここまで書いておいてなんですが、ブログを毎日更新すると言うのは、とても良いことだと思います。
とても大変な作業ではありますが、いろいろなメリットがあるのです。

毎日新しい記事がアップされていると言うのは、ブログの読者にとって嬉しい事です。
それに、SEO的にも有利だと言われていたりもしますよね。

そして、一番のメリットは「ブログを書く習慣」を身につけやすい、ということだと思っています。
人間というのは、毎日何かを行うときに「習慣」となっていないことは、できないものなのです。
いつの間にか、なあなあになってやめてしまったりするのです。

ブログを定期的にでも更新を続けていきたいのならば、まずはブログの毎日更新を実践して、ブログを書くという「癖」を身に付けると良いと思います。

僕は、最近はこのブログを毎日更新できていませんが、数ヶ月くらいまでは、毎日更新を続けていました。
その後は、いろいろと忙しくなって、更新できない日も出てきてしまいました。

しかし、このブログを始めてから「約7ヶ月ブログを毎日更新した」という、経験と実績は、僕にとって有意義なものになったと感じています。
それは、自信にもなったし、本当に良かったと思います。
葉

まとめ

僕は、今では無理してまで毎日ブログを更新することにこだわることはやめました。
でも、できるだけ毎日ブログを書きたいな、とは思っています。

いろいろ忙しい時期に、無理をすると結局のところ悪循環になってしまいます。

だから、書けない時は無理してまで書かないし、書きたいときにはたくさん書くと言うスタンスで行くのが、個人的にはベストです。
一日中出かけていた日とかに、「書き溜めておいた記事を予約投稿する」とかはできるだけ避けたいですね。

ブログを書き溜めるというのは、僕にはちょっと合わないようで、やる気がおきにくいので完成させるのに無駄に時間がかかってしまうのです。

それに、無理をして、ブログの内容を薄いものにはしたくないです。

結局のところ、「ブログを書くために自分自身の気分を盛り上げるための工夫をする」というのが一番重要なのだと思います。

やりたい人だけがやるはずの「ブログ」というものを、無理してまで毎日更新する意味はないと思います。
大切なことではあるのですが、更新が負担になってしまうくらいならば、無理する必要はないと思った、と言う話です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です