【MOKO】iPhone6用の全面保護可能なガラスフィルムを貼ってみたらいい感じだった件

iPhone6

先日、AppleStoreに行って修理してもらったiPhone6なのですが、ガラスフィルムを貼ることにしました。

http://artnamono.com/applestore-6-shuri/

今までは自作のケースを使って、破損を防止していたつもりでしたが、やはり落とし方と運が悪いと壊れてしまうものです。
というわけで、ディスプレイ画面の保護が少しでもできるようにと考えて、ガラスフィルムを貼ってみることにしたというわけです。

MOKO iPhone6用強化ガラスフィルム

某大手通販サイトを物色して買ったのは『MOKO 強化ガラスフィルム(ブラック)』のiPhone6用です。
これ、iPhone6の画面の全面を保護することが可能だという、非常に硬度の高いガラスフィルムなのだそうです。

僕がこのiPhone6を入手した当時は、発売されたばかりということもあって良いガラスフィルムがありませんでした。
でも、最近はこのような、iPhone6に貼ってもあまり目立たないような、良さ気な物が普通に売っているのですね〜

で、貼ってみたら、思った以上に違和感のない仕上がりとなって、非常に気に入りました。

たとえiPhoneをヤバイ感じで落としたとしても、これで割れたりすることを多少は防いでくれるでしょう。

簡単に貼れて、見た目も違和感のない液晶保護ガラスフィルム

MOKO iPhone6用強化ガラスフィルム
これ、実際に貼ってみるまでは「なんだか貼るの大変そう〜」とか思っていました。
でも、実際に貼ってみると、意外と簡単に綺麗に貼れたのでびっくりしています。

以前、iPhone4Sを使っていた時は液晶保護フィルムを貼っていたのですが、なんというか、貼るのに非常に苦労した思い出がありました。
どうしてもホコリだとか気泡だとかが入ってしまうのですよね。

なので、かなり警戒しつつ、慎重に貼ったのですが、あっけなく非常に美しく貼ることが出来たのでホッとしました。
最近の保護フィルムは貼りやすくなったのね〜と思ってしまいましたよ。

もしかしたら、貼るのが上手くなったというだけかもしれないですけどね!

シリコンケース付き

シリコンケースが付属していた
そうそう、今回購入したiPhone6用の強化ガラスフィルムですが、何故か「シリコンケース」が付属していました。
手で曲げるとグニャグニャするタイプの透明なやつです。

「あれ?」と思いました。
何故かと言うと、これを買った商品ページには、どこにもシリコンケースが付属していることが記載されていなかったからです。

値段的には、シリコンケースが付属しているとは思えない価格だったので、いいですけど・・・
たまたま入っていただけなのでしょうか?
元々ケースを持っていない人にとっては嬉しいかもしれないですが、僕はこれは使わないのでちょっと申し訳ない感じですね。

付属品

付属品一覧
付属品はいろいろと揃っています。
特にiPhoneをクリーニングするための(いい匂いのする)ウェットティッシュみたいな奴と、布はありがたいです。
それと、ホコリを除去するためだと思われる円形のシールみたいなものも入っています。

青いシールみたいな物は、何に使うのかよくわかりませんでした。

ガラスフィルムの貼り方
説明書きがパッケージの裏面のこれだけしかないので、ちょっと不親切かも・・・
まあ、普通に貼れたので問題ないですけど・・・

『MOKO』のiPhone6用の強化ガラスフィルムは2種類あって、『ブラック』と『ホワイト』が存在しています。
僕の買ったものはブラックなので、周辺部分が黒くなっています。

なので、iPhone6で言うと、スペースグレイは『ブラック』を、シルバーとゴールドは『ホワイト』を選ぶと良いですね。

これはおそらく、ガラスフィルムなので、周辺部分が浮き上がったりするので、そういうのを目立たなくするためなのでしょうね。

貼ってみる

パッケージ裏面の説明書きの指示にしたがって、まずは手を綺麗に洗ってから、iPhoneを綺麗にします。
付属のクリーニングキットを使って、指紋や皮脂などが全くない状態になるように掃除します。

マスキングテープを使ってホコリを取る
次に、粘着力の弱いテープを使って、表面に付着しているホコリを取り除きます。
たぶん、付属している円形のテープを使うと良いのだと思うのですが、僕は自前のマスキングテープを使ってみました。
粘着力が適度に弱いテープなので、こういう作業をするときは非常に扱い易いのですよね・・・

ホコリを完全に取った

よぉ〜く目を凝らして、完全に綺麗になった事を確認したら、いよいよガラスフィルムを貼ります。

丁度良い場所にピッタリ合わせて、「そのまま落とす」ような気持ちで貼り付けるとうまいこといきましたよ。
気泡が入ることは、気にしなくても大丈夫っぽいです。

貼り付けてから指で押し出すような感じでグイグイすると簡単に気泡は消えちゃうからです。

なんだかイメージと違って、すごく簡単でした。

貼り終わった!

ガラスフィルムを貼り終わったiPhone6
貼り終わったら、写真だとほとんど違いがわからないレベルで違和感がありません。

このガラスフィルムは0.3ミリくらいの厚みがあるそうです。
なので、さすがに触ると段差があって、いつもと違うなあ〜という感じはしますけどね。

そんなに違和感ない

一応、ガラスフィルムのエッジの部分はラウンド加工されていて、触っても手が痛くないようにはできています。

触った感じで、一番違いを感じるのはホームボタン周辺かも知れません。
ちゃんと指紋センサーとかも問題なく動作するにはするのですが、以前よりも深くなった感じですね。

まあ、個人的には許容範囲だし、使っていくうちに慣れると思います。

タッチした時の感度も、触り心地もフィルムを貼っていない時とほとんど変わりないように感じます。

追記:しばらく使ってみてわかったのですが、iPhone6のガラス面よりもすべすべしていて、非常に気持ち良いです。多少汗ばんだ指で操作しても引っかかる感じがほとんどありません。

まとめ

自作真鍮製ケースを取り付けて作業完了
最後に、自作のケースを装着して完成です。
なんだか、フィルムを貼ったせいなのか、以前よりもずっしりとしたような気がしました。

【真鍮製】iPhone6用のケースを自作してみた
先日手に入れたiPhone6に使うためのケースを自作してみました。 素材は真鍮です。 真鍮の板を切ったり曲げたりして制作しました...

これで、かなり安心してiPhone6を運用していくことが出来そうです。

ただ、ガラスフィルムというものは落下時などの画面が割れたりすることを防止する効果がある「らしい」ということではありますが、それを保証するようなものではないのですよね。
むしろガラスフィルム自体は割れやすいものらしいので、気をつけて使っていきたいですね。

とりあえず、見た目的には全く違和感ない感じの仕上がりになったので、『MOKO 強化ガラスフィルム(ブラック)』には満足しています。
しばらくはこの状態で様子をみていきたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です