【iMacが欲しい!】Macはその時期の一番ハイスペックなモデルを買うべき

Mac Book Proのキーボード

最近、いつも使っているMacBookProがちょっとだけ調子が悪いです。
まあ、使えないとかそういうことはないですが、3年くらい前に買った機種なのでなんというか、動作がもっさりし始めたなあ・・・と感じることがある程度ですけどね。
と言っても、僕の場合は使用頻度が高いので、毎回その「もっさり」がすごくストレスに感じてしまうこともあります。

16GBまでメモリを増設してあるんですけどね。
それでも、我が家にこの子が来た当初よりも動作の重さを感じることがあるのです。

ということで、今ものすご〜く欲しくなってきているのが、先月発売になったばかりの5Kのディスプレイを搭載しているというiMacです。
「物欲の秋」とも言うことがありますが、この高性能なMacがすごく魅力的に感じています。

でも、実際のところ5Kの解像度のディスプレイの使い道なんて、僕にはほとんどありません。
言ってしまえば、CPUなどの性能と、27インチのディスプレイのサイズという利便性以外で、僕がこのiMacを必要としている要素なんてほとんどないのです。

それでも、この高額なMacが良いと思っているのには理由があります。
まだカスタマイズの内容などいろいろと悩んでいますが、Macを買うのならば、その時期で一番ハイスペックなモデルを買っておいたほうが良いと思うからです。
長い目で見るとその方が、結果的にはお得な場合が多いです。

何に使うのかよくわからないけど、5Kのディスプレイを搭載した、iMacを買おうかと真剣に悩んでいます

欲しいけど、正直なところ何に使えば良いかわからない

正直なところ、僕がこの高性能なiMacを買ったところで、使い道はほぼないです。

現時点で、そこまで解像度の高いデジカメを持っているわけではないし、4Kとかの動画を撮影したりする予定も機材もありません。

強いて言えば、DVDとか借りてきて高画質で映画を見ることができるくらいでしょうか。
ん?でもDVDだと解像度がそこまで高くないから関係ないですね。
必要となるのはブルーレイとか?
となるとブルーレイを再生できる機材を持っていないので、やはり意味ないですね。

Youtubeとかは最近4Kの動画が配信されていたりするので、そう言った動画を再生する時には利用価値はありそうです。
あまり見ないけどですけどね・・・

つまり、現時点では5Kという超高解像度のiMacを買ったとしても、ほとんど活かすことができないのです。

しかし今、iMacを買うならば、この機種だと思っています。
なぜなら、この機種が(iMacの中では)現時点で一番ハイスペックだからです。
Appleロゴ

PCの性能が上がり続けているのには理由がある

Macに限らずに、他のパソコンなどのデジタル機器は日進月歩で性能が上昇し続けています。
それは、技術的な進歩のおかげでもあるのですが、扱うデータが年々重くなっているからという気がしています。

例えば、最近流行りのハイレゾの音楽データや、先程も書いた4Kの動画なんてものも、数年前には耳にしなかったものです。

技術的にそれが可能となると、人間というものは欲深い生き物ですから、「もっとすごいもの」を利用したくなるものなのです。
そして、今後もデジタルな分野は発展を続けていくことになるでしょう。
デジタルなコンテンツやデータというのは、時代が進むにつれて、一つ一つのデータの大きさが大きくなっていくのは必然なのです。

それにつれて、巨大なデータを扱うためのPCもそれなりの性能を要求されるようになってきます。

扱うデータの重さもそうですが、最近は「OS」も昔のパソコンと比べると非常に重たいです。
Macで言うと「Yosemite」、Windowsで言うと「Windows8」は、昔のOSと比べると格段にマシンの性能を要求します。

話は少し外れますが、軽量なLinuxディストリビューション(オンラインで配布されている無料のOS)を10年以上前のノートパソコンにインストールしたらものすごくサクサクで感動した、という思い出があります。
そのノートPCはメモリも今では考えられないくらい少ないマシンですが、現在使っているメモリが16GBのMacBookProよりもずっと動作が軽いです。
つまり、パソコンの動作が重い原因の1つはOSの進化のせいでもあります。

故に、どんなに高性能な機種を選んだとしても、近い将来には「スペック不足」となってしまいます。
その時代のOSを使って、普通にその時代の流行りのコンテンツを楽しみたいのならば、必ずそうなる運命なのです。

ぶっちゃけてしまえば、パソコン関係の機械は、ある意味使い捨てのようなイメージです。
昔のアナログな仕事道具のように長年に渡って使い続けることはできません。
使いにくく感じるようになったら、その時売っている機種を買っていくことになります。

一番ハイスペックなものを買えば長持ちする

ここからは個人的な意見の話になりますが、Macに関しては、欲しくなったその時期で一番ハイスペックな機種を選ぶべきだと思います。
もちろんMacで現時点で一番性能が良いのはMacProですが、「iMacの中では」と言う話です。
まあ、純正のAppleのディスプレイでこのiMacクラスのものが発売されていない現在においては、ディスプレイの性能という意味ではMacProよりも上と言えるかもしれません。

なぜなら、性能の良い機種を買っておけばそれが一番長く使い続けることができるはずだからです。
前述したように、最近はもちろんのこと、今後もさらに扱うデータの重さが重くなってくるはずなので、スペックが高ければそれだけ長い期間、ストレスを感じずに作業をすることができるでしょう。
現時点でオーバースペックだとしても、将来的には普通くらいの性能のマシンとなるというものなのです。

5Kという現時点で活用しにくいディスプレイも、それが普通というか、それくらいの解像度がないとダメな時代が来るかもしれません。
デジカメとかも最近はどんどん高性能化してますからね。
例えば、いつの日かもっと高解像度の8K対応のデジカメやビデオカメラなどが一般的になってしまったとしたら、5Kでは足りないということにもなりかねません。

最初の投資は高くても、長く使い続けられるのならば、それを買う価値があります。
つまり、現時点でMacを買うとしたら一番性能が良い、5Kのディスプレイを搭載したモデルを買うのが良いというのが個人的な意見です。

また、WindowsのPCの場合はまたちょっとだけ話が違ってきます。
自作のPCなど、比較的パーツの交換などが容易な場合が多いので、性能が足りないなあと感じるようになったら、自分でさらに性能の高いパーツに交換すれば良いのです。
Macの場合は基本的にユーザーが変更できるパーツはメモリだけの場合が多いです。
最近発売されたMacMiniやMacBookAirはメモリの交換すらできません。
後で、さらに高性能な物に変更するには、まるごと買い換えるしかないのです。

そのような様々な理由から、Macはなるべく高性能なものを買っておいた方が無難です。

MacはOSのアップデートが無料

WindowsのPCとMacが違うのは、MacはOSのアップデートが無料だと言う点です。
OSを無料かつ簡単に最新のものに変更できると言うのは、画期的なことですが、問題点もあります。

実は、古いMacの場合OSを変更しても一部の機能は使用できない場合があるのです。

例えば、Yosemiteになって実装された「Handoff」という機能です。
これは、iPhoneやiPadやMacで行っていた作業を別の端末に引き継いで行うことができるという、非常に楽しそうな機能です。

しかし、これは「Bluetooth4.0」を使用できるマシンでないと、使うことはできません。
ちなみに、現在僕の使っている「MacBookPro Late2011」では「Handoff」は利用できません。
この機能はiOSとOSXをシームレスに連携することができるということで、iOS8やYosemiteの象徴的な機能であるような気がしていただけに残念です。

もちろん現在販売しているモデルであれば、どれでも「Handoff」は使えます。
しかし、未来にはさらに最新の規格の何かが必要となって、最新のOSの一部の機能が使えないという事態になる可能性が高いです。

OSを無料でアップデートできる分、古かったり性能が足りないMacは、将来的に残念な気持ちになる場合が多いのです。

現在のiMacのラインナップを見てみると、他の機種は少しだけ発売が古く、性能は5Kディスプレイのモデルに比べると劣っています。
ということは、もしかしたら何年か後に、上記のような差が出てくる可能性もあります。
そんなわけなので、新しくiMacを買うのならば、ここは一番最新のiMacを買うべきだと思ったということです。

まとめ

どんな機械も壊れたらおしまいですが、なんとなくMacは壊れにくいイメージがあるので、良い物を買うのは良いのではないかと思います。
まあ、壊れた時にWindowsのデスクトップPCのように「自分で直す」という選択肢がないということがネックではありますけどね。

今のところ、僕が今まで買ったApple関係の機械で壊れて使えなくなっているものはないので、壊れにくさという点では信頼しています。
これは運の要素が強いので、どんなものでも壊れるときはすぐに壊れてしまう場合もあります。
その時は修理に出すか、諦めるしかないですね。

以上のことと、壊れずに長く使えるのであれば、次に買うMacはiMacの5Kディスプレイを搭載したモデルが良いと思ったというわけです。

たぶん、近いうちに注文すると思います。
あと、ストレージとかメモリとかどういう構成にしようかとか、まだ完全には決めていないですが、デフォルトの構成ではなくカスタマイズしたいですね。

iMacが欲しいので、自分を納得させるためにも、こんな文章を書いてみたのでした。

追記:買いました

iMac買っちゃった!開封の儀と最初のセットアップ時のワクワク感は異常
昨日の事なのですが、Appleから大きい荷物が届きました。 変わった形の段ボール箱です。 何が入っているかというと・・・ ...

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です