【必須】iPhone6に機種変更する前にバックアップとかデータの整理などをやっておくべき

iPhone4Sを同期中

いよいよ明日9月19日はiPhone6の発売日です。
楽しみです。

ただし、予約の順序によっては明日手に入れることができない可能性もあります。
でもまあ、とりあえず明日手に入れられるだろうと前向きに考えて、今使っているiPhoneのバックアップとかいろいろしておくことにしました。

事前にしっかりと準備をしておくことで、明日もしも自分の分のiPhone6の入荷の連絡を受けることができた場合、iTunesでスムーズに復元作業ができるからです。

明日のiPhone6の発売に備えて、バックアップとか余計なデータを消したりとかしたほうが良い

iTunesで同期

iPhone4Sを同期中
とりあえず、今使っているiPhoneをパソコンに接続して、同期しておく作業が必要です。
バックアップを作成したりとか、データやアプリの整理をしたりとかします。

余計なデータを消去

古いiPhoneの中に入っている余計なデータを消去しておくと、移行する作業がスムーズに行えるそうです。

僕のiPhone4S 64GBの中は、主に音楽や写真のデータで埋め尽くされていたので、それをすべて消去しました。
どうせ、6になったら、今使っているiPhone4Sは復元して初期状態に戻して、iPodTouch的に使おうと考えていたので、今入っているデータは遠慮なく消してOKです。

バックアップから復元した後で、音楽や写真のデータは選別して同期するほうが、いろいろなトラブルが発生する確率が減ります。

それと、不要なアプリも消しておくと良いでしょう。
アプリの中には多くのデータを使用する必要があるものがあります。
特にそういうアプリを事前に消しておくことで、バックアップからの復元作業が早く終わるはずです。

ゲームとかLINEとかのアカウント

パズドラなどの課金するタイプのゲームだとか、LINEを使っている人は、これらのアプリのデータを引き継ぐためにいろいろしたほうが良いそうです。
よくわからないのですが、アカウント情報を引き継ぐためにちょっとした操作をする必要があるそうです。

僕は今ゲームもLINEもやってないので、特に関係なしです。
他のアプリでデータの引き継ぎの問題がありそうなアプリも特に思いつきません。

【重要】バックアップを作成

バックアップを自分のパソコン内に作成しておくことは、iPhone6への機種変更をするためには最重要事項です。
そうしないと、データの引き継ぎができないので当然ですけどね。

「バックアップから復元」という操作をするだけで、以前使っていたiPhoneとほぼ同じ環境で、新しいiPhoneを使いはじめることができるなんてホントに便利ですよね。

データの整理が済んだら、再度iTunesに接続してバックアップを作成します。

知らなかったのですが「iPhoneのバックアップを暗号化」という項目にチェックを入れておくと、iPhoneに記憶されたアカウントパスワードなどの情報も移行することができるそうです。
したがって、新しいiPhoneに機種変更する際はここにチェックを入れてからバックアップをすると良いのだそうです。
iTunesでiPhoneを同期
データの整理ができて、バックアップをすれば、移行への準備はほぼ完了です。

まとめ

明日のiPhone6の発売に備えて、今のiPhoneのデータの整理などをしてみました。
これらの作業を事前にしておくことで、iPhone6を手に入れてすぐに使いはじめることができるはずです。

ところで、iPhone6の登場に合わせて、iOS8がリリースされたそうですね。
でも、僕が今使っているのはiPhone4Sだし、何より運が良ければ明日機種変更できるので、アップデートする必要はないですよね。
多分、iPhone6は最初からiOS8だと思われるので、嫌でもiOS8を使うことになるはずです。

何はともあれ明日が楽しみです。
ソフトバンクショップからiPhone6入荷の電話が来ることを祈っています。

追記:先ほどソフトバンクショップから連絡があり、明日 iPhone6を受け取ることができるそうです。嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です