【GRで撮る】建物の写真の迫力がすごい!

アキバヨドバシから見た空

リコー「」で今までに撮影した「建物」の写真を載せていきたいと思います。
建物と一言で言っても、いろいろですが、今回は人間が作った建築物全般を指す意味で、とにかくいろいろ載せていきたいです。

建物単体で撮影した写真や、部分的な写真、そして町並みを撮影したものが含まれます。

GRの画角は換算28㎜なので、非常に人間の目に近いと言われています。
ズームも出来ないカメラです。
故に、大きな建物を写真に収めようとして、いろいろとポジションを見つけようと動くと、自然と迫力ある写真になるような気がします。

では早速紹介してきます。

「RICOH GR」で撮った建物の写真

都会の大きなビル

ビックカメラ大阪に遊びに行った時の写真です。

梅田ヨドバシ

ドン・キホーテ 道頓堀

通天閣通天閣にも遊びに行きました。

通天閣

日本橋三越日本橋三越。

ビル

秋葉原

都会にある大きなビルのような建築物は、非常に迫力がある写真になりやすいです。
これは画角のせいもありますが、画質の良さのおかげであるとも言えます。
写真に写っている建物に実体感があります。

いろいろなお店

ケーヨーD2

ほうとう不動

博多一風堂 諏訪南インター店

千とせ 肉吸い

無敵家なんだか飲食店の写真ばかりになってしまいました。

歴史的な建築物

身延山 久遠寺
身延山久遠寺に遊びに行った時の写真です。
この日は曇っていましたが、その雰囲気がよく表現されていると思います。
身延山 久遠寺 境内

身延山 久遠寺 境内

松本城
松本城です。
松本城これは「クロップ」しての撮影です。
クロップとはセンサーの端っこをカメラ内で切り取って、擬似的にズームする機能です。
上の松本城は特に破綻のない写真ではありますが、近づいて撮るほうが迫力がある写真になると思われます。

神社たまたま見かけた神社。

街並み

大阪の街並み

大阪の街並み道頓堀で撮りました。

大阪の写真が非常に多いです。
関東とは街の雰囲気がぜんぜん違うので、街で写真を撮るだけでも楽しかったです。

大阪の建物の隙間の道

秋葉原夕暮れ時の秋葉原の街並みです。

街並みの写真も、その時の印象がそのまま再現されている感じがします。
写真を見ると、大阪や秋葉原などの雰囲気を思い出します。

風景の中の建物

中野サンプラザから見た風景
中野サンプラザの上の方の階から見下ろした風景。

牧場の建物
八ヶ岳のまきば公園の風景。

東京の空

まとめ

やはり、GRは写したものの印象をそのまま再現することができるというのが、一番の特徴だと思います。
換算28㎜の単焦点レンズというのが、人間の目に近いレンズなのでしょうかね。
人間の目はGRと同じでズームできませんから、このカメラのレンズはそう言った意味でも、その時のイメージが伝わるような写真を撮れるのかもしれません。

「建物」と言うのは、基本的に人間よりもはるかに大きいものです。
構図にいい感じに収めるためにはある程度近づく必要があります。
故に、適当に撮影しただけだとしても、その場で感じた迫力を表現できるのだと思います。

というわけで、以上が今までにGRで撮った、いろんなパターンの建築物が含まれる写真でした。

「RICOH GR」に関連する記事のまとめ
ここ最近は連続して、リコーの高級コンパクトデジカメである「GR」に関連する記事を書いてきました。 いろんなシチュエーションで撮影し...

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です