サンメドウズ清里、楽しく滑れるスキー場

サンメドウズ清里スキー場

今日、サンメドウズ清里スキー場に行ってきました。
風邪を引いていて、昨日までは体調が悪かったのですが、今日は元気になっていました。

サンメドウズ清里スキー場で一日中滑った

自宅から近い!

スキー場に着いたのは8時45分でした。
自宅から、車で1時間15分ほどで到着です。
もちろん高速道路を使わずに下道をずっと車で走りました。
これくらいの距離なら、シーズン中は気軽に訪れることが出来そうです。

サンメドウズ清里スキー場の存在は知っていて気になってはいたのですが、今回が初の訪問となります。

最初に出迎えてくれたのは…

着替えなどの準備をして、早速リフト乗り場に向かいました。

サンメドウズ清里スキー場はそこそこ大きめのスキー場で、リフトは3つあります。
最初は、その中の一つのフラワーリフトに乗ることにしたのですが、リフト乗り場の通路のわきにすごい雪だるまが居ました。
サンメドウズ清里スキー場 キングスライム
キングスライムがあらわれました。

メラゾーマで溶かしてみたい…とか考えていると、背後からも何やら視線を感じました。
遠くからだと死角になっていてよくわからなかったのですが、あと2体の雪だるまが不敵な笑みを浮かべていました。
サンメドウズ清里スキー場 トトロ
森の妖精トトロと、

サンメドウズ清里スキー場 モンスターズ・インク
よく知らないけど、多分モンスターズインクの三つ目の緑色のキャラクターです。
後で、名前を調べてみたら「リトルグリーンメン」と言うそうです。

合計3体もの雪だるまに見守られながらリフトに乗ることになります。
一体誰が作ったのでしょう?
かなりの力作だと思います。

サンメドウズ清里スキー場は、こういう子供が喜びそうな仕掛けがたくさんあって楽しいですね。

サンメドウズ清里スキー場

山頂からの景色

しばらく滑って慣れたところで、このスキー場で一番長いパノラマリフトに乗って頂上まで行くことにしました。
サンメドウズ清里スキー場 ベンチ
頂上にはなぜか、ベンチが2つ用意してあって休憩できるようになっています。

サンメドウズ清里スキー場 休憩
うちの奥さんと、スキーの板を外して少しの間休憩しました。

30代になると体力が続かないけれど、こうして気兼ねなくのんびりしちゃおう、という考え方に変わってきますね。
普段と違った風景を味わう、というのもスキーの醍醐味ですから、休憩も楽しいのです。

サンメドウズ清里スキー場 頂上
「サンメドウズ清里山頂」と書かれています。
標高は1900mもあるそうです。
どうりで寒いと思いました。

それだけ高い場所ですから、このスキー場の一番高い場所からの景色は絶景でした。

サンメドウズ清里スキー場
リフト降り場からゲレンデに出ると見える景色です。
写真だと伝わりにくいですが、ものすごく空間が広く見えました。

富士山が見える

頂上からだと角度的に見えにくいのですが、ゲレンデの中腹辺りまで降りると遠くに富士山が見えました。

サンメドウズ清里スキー場
わかりますか?
一応この写真の中央付近に富士山があります。

サンメドウズ清里スキー場 遠くに富士山
ズームするとわかりやすいですね。
富士山は、肉眼で見るとわりと大きく感じるのに、カメラで撮って写真にすると豆粒のように小さくなってしまうのが不思議です。

リフト営業時間は4時半まで

サンメドウズ清里スキー場
せっかく来たのだからと、リフトの止まるぎりぎりの時間まで滑り続けました。
もちろん、途中で何回か休憩は挟んだのでぶっ通しではないです。

4時位になるとお客さんが帰り始めるので、人が少なくなって少しの時間ですが、のびのびと滑ることが出来ました。
病み上がりであることも忘れて、サンメドウズ清里スキー場を一日中堪能することが出来ました。

サンメドウズ清里スキー場

まとめ

車で気軽に行ける距離にあるスキー場を開拓することが出来ました。
コースも、初級者から上級者までたくさんあって、まだまだ飽きずに楽しむことが出来そうです。

4月6日まで営業しているそうなので、また機会があれば訪れてみたいと思います。


大きな地図で見る

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です