【レビュー】ミンティアブリーズ リラックスグリーン 生のハーブのような独特な風味

ミンティアブリーズ リラックスグリーン

「ミンティアブリーズ リラックスグリーン」は生のハーブのような香りが特徴的なミンティアシリーズの新しい仲間です。
発売日は2月3日なのでつい最近発売されたばかりです。
「一粒5分の清涼感」がキャッチフレーズの通常のミンティアよりも長持ちする大粒のミントタブレットです。

先日、東京に行った時に買ったミンティアブリーズ リフレッシュブルーと同時に発売された商品です。

ミンティアブリーズ  リフレッシュブルー 1粒5分の清涼感

ミンティアブリーズ リラックスグリーンのレビュー

ブリーズ

ミンティアは現在のところ、粒の形状で3つのタイプに分類されます。

  • オリジナル
  • メガ
  • ブリーズ

「ブリーズ」は今月の始めに発売されたばかりの新しい種類のミンティアです。
その特徴は「一粒5分の清涼感」のキャッチフレーズの通り、口の中で溶けずに長い時間、味を楽しむことができるという点です。

ミンティアブリーズは他のミンティアに比べて粒が分厚く作られています。
そのおかげで舌の上で転がしても溶けるスピードがおさえられているというわけです。

また、もう一つの特徴は粒の一つ一つに「M」というアルファベットが刻印されている点です。
おそらくミンティアの「M」だと思われる文字が刻まれていることによって、なぜか「かっこいい!」と思えてきます。
個人的にかっこ良くデザインされた外見をもつミントタブレットには強い魅力を感じています。
手にとって口に含む瞬間、ただの清涼菓子であるはずのミンティアブリーズ リラックスグリーンが自分に何かをもたらしてくれる特別な存在であるような気がしてくるからです。
ミンティアブリーズ リラックスグリーン

ミンティアブリーズの味の特徴

ミンティアブリーズの名前を冠する「リフレッシュブルー」と「リラックスグリーン」の2つで共通するのは、味が控えめであるという点です。
5分間という長い時間口の中に存在することを想定されているミントタブレットであるミンティアブリーズ リラックスグリーンは、あまり強烈な味が長時間続くとキツイから、このような味作りになったのだと思います。

逆に刺激的であることが特色であるミンティアメガハードやミンティアメガクリアはこれでもか!というほど強烈な味です。
食べた後、舌の感覚がちょっとおかしくなって舌の表面がちょっと荒れてしまうくらいです。
粒の形状も平べったくて表面積が大きくなる形状です。
表面積が大きいと唾液と交じり合って溶け出す量も多くなって、より刺激的に感じることができます。

ミンティアブリーズの「BREEZE」はそよ風や微風という意味です。
確かに口に放り込むとそよ風のような主張しすぎない甘味と辛味とミントの爽快感を感じます。
ミンティアブリーズと言うネーミングはこの製品の風味の特徴をよく表していると思います。
ミンティアブリーズ リラックスグリーン

生のハーブのような香り

「ミンティアブリーズ リラックスグリーン」と「ミンティアブリーズ リフレッシュブルー」は前述した通り、共通している部分もありますが、風味は全く別物です。
リフレッシュブルーはいわゆるペパーミント系の爽やかな香りのするミントタブレットです。
それに対してリラックスグリーンはミントの爽やかな香りは強めに感じるのですが、その香りが少し青臭いような香りに感じます。
ミントの香りが生っぽいとでも言うのでしょうか、まるで摘みたてのハーブをすりつぶして混ぜ込んだような印象を受けます。

ケースの裏面の原材料を見ても「香料」とかくらいしか記載が無いので、本当に生のミントの葉を混ぜ込んでいるわけではなさそうです。
味わえば味わうほどリアルなハーブの緑色の葉が思い浮かんでくるようです。
何粒か食べて味を分析するように味わうほどに不思議な風味だと思いました。
ミンティアブリーズ リラックスグリーン

リラックス効果

そんなリアルなミント臭のミンティアブリーズ リラックスグリーンですが、その独特な香りにはどのような意味があるのでしょうか?
そこは「リラックスグリーン」というネーミングと関係がありそうです。

ハーブの香りにはリラックス効果があるとされています。
リラックスグリーンという名前がつけられていることから、緊張を解す効果を期待して作られた商品なのだと思います。

主張しすぎないほどの甘味と独特なミントフレーバー、それがこの新しいミンティアの最大の特色です。
ミンティアブリーズ リラックスグリーン

フリスクネオピエモンテミントとの比較

ただし、同じようにリラックス効果を得ることが目的に作られたと思われる「フリスクネオピエモンテミント」と比べるとかなり味のバランスと風味が異なっているように思います。

フリスクネオピエモンテミント リラックスできるほのかな甘さ

甘味の強さは同じくらいですが、ミンティアブリーズ リラックスグリーンにはそこそこの辛味を感じます。
と言っても、刺激が強いとされるミンティアメガハードなどに比べたら微々たるものですが、少し舌に刺さるようなピリッとした刺激があります。

この辛味があることで、フリスクネオピエモンテミントよりも、眠気覚ましのような気持ちをスッキリさせる効果は強いでしょう。
香りも強めで全体的に大味な印象が強いです。

どちらが良いかは好みの問題だと思うのですがフリスクネオピエモンテミントの方がミンティアブリーズ リラックスグリーンよりもコンセプトの一貫性のようなものは感じます。
どんな状況でも効果があるのはミンティアブリーズ リラックスグリーンだと思います。
ミンティアブリーズ リラックスグリーン

まとめ

ミンティアブリーズ リラックスグリーンはリアルなハーブの香りを感じることができる数少ないミントタブレットの一つです。
他にもハーブの香りを感じるものはあるのですが、ここまで生っぽい香りのミントタブレットは初体験でした。

こういう、新しい発見があるからミントタブレットはやめられないのです。

この独特な香りは、一粒口に放り込めば長い時間口の中にとどまってリラックス効果を与えてくれます。
また、程よい刺激もあるために口内をスッキリしてくれる効果もあるので、状況を選ばずに使うことができると思います。

一つで30粒入りで200円という値段設定も気軽に買うことのできる金額で良いと思います。

ミンティアの新しい仲間であるミンティアブリーズ リラックスグリーンは独特な香りが特徴の魅力的なミントタブレットでした。

ミントタブレットレビュー一覧

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です