【レビュー】フリスク スペアミント どう考えても歯磨き粉の味です。

フリスクスペアミント

スペアミント」の感想をまとめたので書いていきたいと思います。
フリスクスペアミント

フリスク スペアミントは「歯磨き粉」の味です。
以上です!

フリスク スペアミントのレビュー

フリスク スペアミントを表現するためにはこれ以上の言葉は思いつきません。
甘味の感じ、ミント臭の強さ、風味、どれをとっても、あのチューブに入っている「歯磨き粉」以外の何物でもありません。
口に入れて味わうと、どうしても歯磨きをしているような気分になります。
フリスクスペアミント
僕の小学校時代のとあるクラスメイトが歯磨き粉が大好きで、歯磨きした後飲み込んでしまうと言っていた記憶があるのですが、そんな感覚です。
歯磨きをしてから、飲み込んではいけないものを飲み込んでしまうのは子供のいたずら心だったのかもしれません。

フリスク スペアミントはそんな飲み込んではいけない、という「禁止」された行為をしているような開放的な気分にさせてくれるミントタブレットかもしれません。

大人になってからも歯磨き粉の味が好きでたまらないというマニアックな人も世の中にいるのではないでしょうか。
歯磨き粉そのままの味であるフリスク スペアミントは、リアルな歯磨き後の爽快感を与えてくれるミントタブレットです。
フリスクスペアミント

スペアミントとは

スペアミントはミントタブレット系の清涼菓子によく使われているペパーミントとは違う種類のミントの一種です。
ペパーミントがあのスーッとする爽快感のある香りであるのに対して、スペアミントは控えめでソフトな香りなのだそうです。
また、スペアミントは甘味が強めなのが特徴みたいです。

なるほど、甘味と控えめでソフトな香りという特徴と、歯磨き粉のような味は一致しているような気がします。

フリスク ペパーミントよりも刺激は控えめなので、あまり強い刺激はちょっと…という人にもおすすめできるフリスクかもしれないですね。
フリスクスペアミント

リニューアル

フリスク スペアミントは2013年9月23日にリニューアルして、味も少し変わったそうです。

フリスク スペアミントのケースの左上に「NEW」と書いてあるのは何なのかとずっと疑問だったのですが、どうやら「リニューアルしたよ!」というしるしだったようです。
フリスクスペアミント
リニューアル前のフリスク スペアミントは味わったことがないので、今となってはどんな味だったのかわかりませんが、公式ページには「さらに刺激をUPしリニューアル!」と書かれています。
確かに、フリスク スペアミントをじっくり味わっていくと柔らかい甘味と香りの中にビリっとくる「辛味」もわずかに感じられます。
これが、「UP」した刺激の部分なのでしょうか?
もしくはリニューアル前はミントフレーバーが弱めだったのかもしれません。
半年くらい前のフリスク スペアミントはもっとマイルドな味だったのかもしれないですね。
できることならば両者を交互に食べて比較してみたいものです。
フリスクスペアミント

まとめ

フリスク スペアミントの味の特徴はまさに「歯磨き粉」そのままです。
というよりもフリスク スペアミントが歯磨き粉の味に似ているのではなく、逆に歯磨き粉がスペアミント味なのかもしれませんね
フリスクスペアミント
フリスク スペアミントは「フリスク」のラインナップの一つであるだけあって、例にもれず完成度の高さを感じることが出来ます。
味は歯磨き粉の味そのままという表現が最も適切だと思うのですが、味と香りのバランスは飽きのこない洗練されたものです。

ペパーミント味のフリスクよりも刺激が弱めなので、刺激的なミントタブレットが苦手な人にもおすすめできる味なのではないかと思います。

ミントタブレットレビュー一覧

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です